最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

過酷すぎるトヨタの本気の社員研修、『TOYOTA5大陸走破』の第4弾のスペシャルサイト公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ自動車は、「もっといいクルマづくり」を担う人材の育成を目的とした5大陸走破プロジェクトの第4弾“TOYOTA5大陸走破EUROPE 2017”の活動を報告するスペシャルサイトと、欧州走破ダイジェストムービーを公開した。

5大陸走破は、TOYOTA GAZOO Racing の一環として、日本と現地事業体の従業員が自らステアリングを握り、現地のユーザーが日常的に使用する道を走りながら「もっといいクルマづくり」を担う人材の育成を目的としているプロジェクト。2014年に豪州大陸、2015・2016年のアメリカ大陸に続き、4年目となる2017年は3大陸目となる欧州で第4弾が行われた。8月下旬にスタートし、総計約2万1000km、夏と冬2つのステージに分け、同年12月まで活動。自動車文化発祥の地であり、ユーザーのクルマに対する評価が厳しい欧州でもっといいクルマづくりに役立つヒントを探るほか、テストコースでは得られない走行データの収集・分析を強化し、いいクルマづくりにつながる仕組みづくりを目指した。今後、東京オリンピック・パラリンピックの開催される 2020年をマイルストーンとし、継続的な活動を実施していくという。

「過酷すぎてスゴイ」と話題を集めた、トヨタの本気の社員研修”TOYOTA5大陸走破”。その過酷さは、公開されたコンセプトムービーで確認してもらいたい。厳冬期の北欧、マイナス27度のホワイトアウトの世界など、過酷な環境を走破した様子が収められている。ランクルはもちろん、プリウスなどハイブリッド車、MIRAIまでが参加した“過酷”なプロジェクト、一見の価値ありだ。

スペシャルサイトコンセプトムービー

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス