最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

元SMAP3人の”田原俊彦コース”が見えてきた?新レギュラーも都落ち感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元SMAP稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(41)の3人が4月1日よりAbemaTVで月1回7.2時間の新番組『新しい別の窓』に出演することが発表された。昨年9月にジャニーズ事務所から独立して以来、3人揃ってのレギュラー番組は初めて。月に1度というペースとはいえ、毎回7.2時間にも及ぶ超・長時間番組は前例のない試みとなる。

だが、そんな待望の番組の発表も、一部ネット掲示板では「なんだ、Abemaかあ…。ぬか喜び」「なんか都落ち感ぬぐえないな」「そんな長時間の放送、コンテンツが持たない気がする」などと不安感をもって迎えられているようだ。

「やはり、24日に香取が出演する『おじゃMAP』(フジテレビ系)の終了が公式発表され、続いて27日には草なぎが20年間出演してきた『『ぷっ』すま』(テレビ朝日系)にも終了説が流れた直後なのはタイミングが悪い。地上波のレギュラーを失って、CULEN側は仕方なく情報公開を早めたのでしょうが、どうしても”テレビでやれないから仕方なくネットに流れてきた”イメージが付きまとってしまいます」(週刊誌記者)

たしかに昨年11月に配信された『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)は衝撃的だった。「YouTuber草なぎ」「ブロガー稲垣」「インスタグラマー香取」の発表も斬新に映った。だが、それも3人の背後に「テレビのレギュラーがありながら、あえてネットで」という選択が見えてこそだったのかも知れない。

■逆襲のジャニーズ帝国?恐怖の田原俊彦コースの足音

その一方で、年が明け以降の地上波ではが絶好調で、ジャニーズ勢の活躍が目立っている。松本潤(34)主演のドラマ『99.9』(TBS)は1月21日が18.0%をマーク、『嵐にしやがれ』(日テレ)も年明けから15%前後をキープしている。そして、SMAP解散騒動で人気急落といわれた木村拓哉(45)も『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)で15.7%、15.1%と好調をキープしている。

新しい地図は、カレンダーも当初限定販売をうたっていたのが(誤発注もあり)大量に売れ残って一般販売したのも印象を悪くしました。映画『クソ野郎と美しき世界』も狙いがサブカルすぎてムビチケ(前売り)が売れているという話も聞きません。先手、先手で話題をかっさらってきた策士・飯島女史の歯車も、ジャニーズの攻勢の前に狂い始めたようにみえ、業界内ではジャニーズを退社してメディアから放逐された”田原俊彦コース”も見えてきたと噂されています」(同記者)

テレビvs.ネットの新旧構図を映し出した、ジャニーズとカレンの攻防は今年も続きそうだ。
文・麻布市兵衛(あざぶ・いちべい)
※1972年大阪府出身。映像作家、劇団座付き作家などを経て取材記者に。著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。

外部リンク(デイリーニュースオンライン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス