恋はサスペンス!?男子が「ちょっと考えさせて」と言われるのが苦手な理由

ハウコレ

2018/2/1 21:00



「え、元カノと連絡取るの、何が悪いん? 別にやましいことなければよくね?」

付き合っている彼が、ちょっと聞くに耐えないような発言をさも「常識だろ」みたいなトーンで言い放ったとき、「ああちょっと今日はもう無理。少し一人になりたいわ……」みたいな気持ちになってしまいますよね。

こんなときには、「ちょっと少し一人で考えさせて」という一言を口にすることがあるかもしれません。「少し距離を置きたい」とかも同義ですね。

決まってこのとき、男子は、「え、今答えほしいんだけど。一緒に話し合おう」みたいに、なぜか「今すぐ」の答えを欲しがります。欲しがりさんなんだから。

こんなとき「いやだから聞いてる? 『少し』、『一人で』、『考えたい』って3つのキーワードを散りばめたよね?」との思いから、泣きつく彼をなだめてとにかく帰路につく。誰もが一度は体験したことのある場面かもしれません。

■■この一言は、男子にとって最高(悪?)の「サスペンス」
密室で人がバーっと殺されて、刑事や探偵がバーっと推理して、犯人がバーっと白状するのでおなじみの「サスペンス」もの。

サスペンス(suspense)のもともとの意味は、精神的に宙ぶらりんの状態とか、どっちつかず、不安、気がかりといったもので、観ている人をこういった気持ちにさせることから「サスペンス映画」とか言われるようになったものです(英語では「スリラー」という方が一般的かもしれません)。男子が「ちょっと少し一人で考えさせて」と言われるのが嫌いなのは、まさにそう言われることで、彼女との関係が宙ぶらりんで、不安な状態に陥ってしまうから。

**

でも、「ただの」サスペンスだったら、本当はそこまで気が気じゃない状態、もっと言えば彼女に泣きついて「今すぐ答え出してよー!」なんてことにはならないはず。そもそもサスペンスもののドラマを、本当に手に汗握って観ている人なんてそんなにいないはずで、暇な母ちゃんとかが、おせんべいをボリリながら「絶対犯人これだろ(笑)」とか言いながら楽しく愉快に観てるものだと思います。

男子にとって、彼女が与えるこのサスペンスが最強に効く(正確に言えば、心がすり減らされる)のは、ふたつ理由があります。ひとつは、「マジで振られる」リスクがあるから。

「一番怪しくないやつが犯人」なんてお決まりの展開になるサスペンスものとは違って、このサスペンスはマジでサスペンス。「ちょっと考えさせて」なんて言われるわけだから、そりゃ彼女にとって聞き捨てならない一言を言ってしまっているわけで、激怒した彼女が、本気でお別れを考え始めている可能性だって十分に想定できてしまいます。

もうひとつは、決定権を彼女に取られてしまっているから。「ちょっと考えさせて」とか言われたとき、少なくとも大事な部分では自分が彼女を引っ張る側でいたい(優位に立っていたい)と思っている男子の場合、二人の恋愛の行く末を、彼女一人が考えて、そして決定するという状態に耐えられないのです。

■■考えるためにも、「ちゃんと」待ってもらいましょう
あなたの恋愛は、あなたのもの。いくら彼にとって究極のサスペンスだろうが、あなたには考える権利があって、それを邪魔される筋合いはありません。

でも、いくら考えたいからといって、彼を必要以上に不安にさせる必要はありません。

もしもあなたの言う「考える」が、「別れるつもりはないけど、少し気持ちを落ち着けたい。少なくとも今日はこのまま笑顔でデートなんて無理だし、また改めて、スッキリした気持ちで会いたい」というような、いい意味での「考える」だったら、あえて言葉を絞り込んで「ちょっと少し考えさせて」とだけ言うのではなく、「別れるとかそういうことは考えてないけど」とか、少しでも彼が安心できるような一言を添えてあげてください。

もちろん、「ムカつくこと言われたし、ちょっと懲らしめよう」みたいな気持ちでわざと(怒りはしたけど本当は別れる気まではないのに)「わかんない。もう無理かも」とか必要以上に冷たく言ってみるのも、なるべくやめた方がいいでしょう。あなたが傷ついてしまったことは、決して彼を傷つけ返すことを正当化しないからです。

それに、彼に安心して大人しく待ってもらった方が、自分もゆっくりと考えられるし、それに、大人しく待っててもらわないと、その日の夜にも早速「答え出た?」とか「やっぱり二人で話し合おうよ」とか、あなたが彼にさらにうんざりしてしまうような惨めな言動に走らせてしまいかねません。

自分が伝えたいことは伝えるべき。でもそれが、相手にとってショッキングかもしれないときには、いつにもまして、言葉遣いや言い方はマイルドにしてあげるのが、恋愛に限らず人間関係を上手に運ぶ、コツかもしれませんね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)(三方優加/モデル)(gaku/カメラマン)

あなたにおすすめ