赤ちゃんを授かったら家の隅々までチェックしてみよう


子どもを授かったら、自宅の環境が赤ちゃんにとって快適で安全なものかどうかを確かめなければなりません。ただその際に、床から150~60cmの大人目線でチェックをしても充分とはいえません。最も大切なのは、実際に自分たちでもハイハイをして赤ちゃんの目線になって床をはいずりまわってみることです。

いかに好奇心旺盛な赤ちゃんや小さな子どもの気持ちになれるかも重要。引き出しを開けてしまったり、毛玉や小さなものを探してみたり、ガリガリとかじってみるのがおもしろそうなものを見つけたり、つい指をいれたくなるようなものを手にとってみたり。赤ちゃん目線になることで、彼らが目をつけそうなものを確認し、事前に対策をとっておくことができるのです。

以下に、特にチェックすべき項目を並べましたのでご覧ください。

・暖房器具

暖房器具や床暖房は何かしら家具を使ってブロックしておきましょう。古いカバーは取り替えて、新しい金属製のデザインのものにしておきましょう。

・コンセント周辺

コンセントや電源コードなども要注意です。カバーをかけるか家具でブロックしておきましょう。

・キャビネット

子どもたちが手に取ると危ないと思われるようなものが引き出しに入っている戸棚やキャビネットには鍵をしておきましょう。BabyCenterでは子どもが自由に開け閉めできる戸棚をあえてひとつだけあらかじめ用意しておき、その中にプラスティックの容器、木製のスプーン、ホイルのお皿やヨーグルトの空容器など小さな子どもたちが手にとっても危なくないものをいれておくようにとアドバイスをしています。

・暖炉

暖炉をお持ちのお家は、火の出る入口部分をマグネット式の子ども用の黒板で覆って、大きくなったらそこで遊べるようにしておくのもひとつでしょう。

・ペットフード

ペットフードやペット用の水はセンサー付きの容器で子どもが近寄らないように注意をしておく必要があります。

・ラグ

ラグは滑って転ばないように滑り止めを敷いておきましょう。

・とがった家具

家具のとがった角や小さなテーブルにはセーフティーガードを取りつけるか、角が丸みを帯びているものに取り換えましょう。

・鉢植え

鉢植えはしばらく外に置くことをおすすめします。


こうしてすべてのチェックを終えてみると、家の中がこれまでと少し違ってみえるかもしれません。これまで掃除をしたことのない場所まで掃除をするようになるかもしれませんね。赤ちゃんが産まれる前に、こどもが大きくなる前に、ぜひ試してみてください。

Image: sebastien boudot images/Getty Images

Source: BabyCenter

Michelle Woo - Lifehacker Offspring[原文

あなたにおすすめ