最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

松坂桃李、1月の仕事「バラエティが9割」 主演映画公開で感謝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優の松坂桃李が1日、主演映画『不能犯』(2月1日公開)の初日舞台挨拶に、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、真野恵里菜、芦名星、白石晃士監督とともに登場した。

同作は、宮月新・神崎裕也による同名漫画を実写化。電話ボックスの書き置きを通じて殺人を請け負い、病死や事故死といった"不能犯”としてターゲットの命を奪う男・宇相吹正(うそぶきただし)の驚異的な手口と真の目的を描く。『貞子vs伽椰子』が話題になった白石晃士監督がメガホンをとる。

雪の予報に、観客の事を心配する松坂。同作のプロモーションについて「宣伝部の人、本当におつかれさまです。久しぶりでした。ここ1カ月は芝居1割、バラエティ9割みたいな感じだったので、芸人さんとも結構コミュニケーション取れるようになりました」と、出演した番組について振り返った。

舞台挨拶では、人の心を操る宇相吹にちなみ、心理テストを実施した。「好物の苦味・酸味が強いほど腹黒度数が高い」という結果が先にスクリーンに表示され、登壇者たちは見えないままに好物を上げていく。すべて出そろうと、「たこ焼き」(白石監督)、「ステーキ」(芦名)、「もずく酢」(真野)、「鮨」(間宮)、「魚」(新田)、「チーズ」(沢尻)、「マグロの赤身」(松坂)という結果に。

それぞれの回答が発表されるたびに悲鳴や笑いが起こる会場の様子に、松坂は「これ、笑コラ(『笑ってコラえて』)のスペゲス(スペシャルゲスト)の当てるクイズみたい」と、バラエティ慣れした様子を見せる。また酸味の強い「もずく酢」を挙げた真野は、結果を知るとうずくまって苦笑していた。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス