【正直】ゴディバの『義理チョコやめよう』広告にブラックサンダーが反論! 「義理チョコ文化を応援いたします」



チョコレートメーカーのゴディバジャパンが2018年2月1日、日本経済新聞に出稿で、「義理チョコをやめよう」と訴えるメッセージを掲載した。この内容に反響の声が多く上がっているのだが、それを見たあのチョコレートブランドがTwitterで反論している。

そのブランドとは「ブラックサンダー」だ。いわば義理チョコの代名詞であるブラックサンダーは、何と反論したのだろうか?

・ブラックサンダーの投稿

「とある広告が話題のようですね(‘-‘*) よそはよそ、うちはうち。 みんなちがって、みんないい。 ということで有楽製菓は引き続き「日頃の感謝を伝えるきっかけ」として義理チョコ文化を応援いたします(‘-‘*) 」(ブラックサンダー公式Twitterより)

販売元の有楽製菓は、ブラックサンダーを「一目で義理とわかるチョコ」としている。「とある広告」とは当然ゴディバの広告であり、「義理チョコをやめよう」と言われて黙っている訳にはいかなかったようだ。

・感謝を伝える機会でもある
とはいえ、真っ向から対立する気はないようで、「よそはよそ」とかわしている。たしかにゴディバが言うように、義理チョコが負担になっている人もいるだろう。しかしその一方で、ブラックサンダーが言うように、日頃の感謝を伝える機会として、バレンタインデーを捉えている人もいるはずである。

「バレンタインデーはこうでなきゃダメ!」という決まりはない。誰もが思い思いの過ごし方をすれば良いのではないだろうか。

参照元:Twitter @Black_Thunder_
執筆:佐藤英典

関連ツイートはこちら
Related Stories

あなたにおすすめ