最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

エース杉田は2日に世界ランキング78位と対戦! デビスカップの試合順が決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男子トップテニスプレイヤーたちの国別対抗戦となる『デビスカップ by BNPパリバ 2018』。そのワールドグループ1回戦の日本対イタリア戦が、2月2日より盛岡タカヤアリーナで開催される。

盛岡市内では1日に抽選会が行われ、シングルスとダブルスそれぞれの出場選手と試合順が決まった。

■初日のシングルス第1試合ではダニエル太郎(世界ランキング100位)がイタリアのナンバーワン、ファビオ・フォニーニ(同22位)に挑む。第2試合では日本のエース、杉田祐一(同41位)がイタリアのアンドレアス・セッピ(同78位)を迎え撃つ。

■第2日のダブルスはマクラクラン・ベン(複ランキング36位)、内山靖崇(同122位)組がシモーネ・ボレリ(同168位)、パオロ・ロレンツィ(同82位)組と対戦する。最終日のシングルスは初日と対戦相手を入れ替え、杉田-フォニーニ、ダニエル-セッピの順で試合を行う。

■日本の岩渕聡監督は「シングルスのフォニーニとセッピはある程度予想していた。イタリアは実績、実力、経験のある選手がそろい、タフな戦いになる。日本チームもいい準備ができているので、しっかり、いい戦いができると思う。地の利を生かして勝ちに向かっていく」と自信をのぞかせた。

■昨年のブラジル戦に続いてエースを任される杉田は「全力を出して自分を表現したい」と抱負を語った。となりの宮城県出身で盛岡にはなじみが深く、「ジュニアのときに何度も試合に来ているので、ホームな感じ。温かいサポートを楽しみにしている」と話した。

■昨年のワールドグループ1回戦、フランス戦以来のデ杯となるダニエルは「すごく楽しみな舞台。デ杯は個人戦ほど1年中ないし、ホームでファンもたくさんいるので楽しみたい」と話した。昨年、スペインから再び日本に拠点を移したばかりで、プレースタイルも改造中だが、「自分自身、チャレンジだし、タフな相手にチャレンジできるチャンス。勝っても負けても生かしたい」とデ杯出場を自身の躍進にもつなげるつもりだ。

■全豪の男子ダブルスで4強入りしてデ杯に臨むマクラクランは「相手は絶対強いけど、僕たちも強いので、いい試合になる。頑張ります」とすっかり板についてきた日本語で話した。デ杯に6年連続出場となる内山は「イタリアは層が厚いので、どの選手が来てもタフな試合になる。日本もいい準備ができているので、しっかり自信を持って戦える」と冷静に分析した。

■両チームで最もシングルスランキングが高いフォニーニは「戦う準備はできている。明日(初日のシングルス)が重要になる」と自信を見せた。最終日に対戦する杉田については「この5カ月、いいプレーをしている。危険なプレーヤーだが、ファイトして勝ちたい」と話した。チーム最多の単複41試合をデ杯で戦ってきたセッピは「両チームにとってタフな戦いになるだろう。フィフティ・フィフティのスタートだが、ファビオが最初に1ポイントとってくれると期待する」と話した。初日に対戦する杉田に関しては「安定したプレーの選手で、昨年は芝で初タイトルも取っている。ベースラインでの動きがいい。簡単な相手ではない」と警戒する。 (秋山 英宏)

[第1日]2月2日(金)12:00~ シングルス2試合
[シングルス第1試合]ダニエル太郎-ファビオ・フォニーニ
[シングルス第2試合]杉田祐一-アンドレアス・セッピ

[第2日]2月3日(土)13:00~ ダブルス1試合
[ダブルス]マクラクラン・ベン/内山靖崇-シモーネ・ボレリ/パオロ・ロレンツィ

[第3日]2月4日(日)12:00~ シングルス2試合
[シングルス第1試合]杉田祐一-ファビオ・フォニーニ
[シングルス第2試合]ダニエル太郎-アンドレアス・セッピ

※出場選手はデ杯のルールに基づいて変更される可能性があります。
※ルールにより第3日は1試合のみとなる場合があります。
※開場時間は原則として試合開始時間の90分前となります。

※日本テニス協会公式メールマガジン「テニスファン」より転載
イベント情報 『デビスカップ byBNPパリバ 2018 ワールドグループ​ 日本vsイタリア戦』

日時:2月2日(金)~2月4日(日)
 会場:盛岡タカヤアリーナ(岩手県盛岡市)


外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス