“eスポーツ”プロライセンス発行へ、対象は「ストV」「鉄拳」「パズドラ」「モンスト」等

2月1日、都内で「一般社団法人日本eスポーツ連合」(英語名:Japan esports Union、略称:JeSU、以下 日本eスポーツ連合)の設立、活動開始が発表され、活動の一環としてプロライセンスを発行することが分かった。

「eスポーツ」とは「エレクトロニック・スポーツ」の略。各種コンピュータを用いるゲームで競うことを、スポーツ競技として捉えての言葉。

最近ではeスポーツをテーマとしたテレビ番組も放送されており、じょじょに認知度を上げてきている。

今回設立された日本eスポーツ連合は、日本国内におけるeスポーツ産業の普及と発展のために作られた組織。

既存のeスポーツ3団体(※1)の統合と、IPホルダーであるゲームメーカー各社が加盟する団体(※2)の全面的な協力を得て設立されたとのこと。

(※1)一般社団法人日本eスポーツ協会(JeSPA)、一般社団法人e-sports促進機構、一般社団法人日本eスポーツ連盟(JeSF) (※2)一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)、一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)

主な活動の一つにプロライセンスの発行があり、日本eスポーツ連合の公認タイトルごとにライセンスを発行するそう。

現在、プロライセンス発行タイトルとして予定されているのは、以下の6作品。

・「ウイニングイレブン 2018」(コナミデジタルエンタテインメント)

・「コール オブ デューティ ワールドウォーⅡ」(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

・「ストリートファイターV アーケードエディション」(カプコン)

・「鉄拳7」(バンダイナムコエンターテインメント)

・「パズル&ドラゴンズ」(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)

・「モンスターストライク」(ミクシィ)

(上記タイトル以外にも公認ゲームは随時追加される予定)

プロライセンスの発行条件のひとつとして「連合公認大会において公認タイトルの競技で優秀な成績を収めること」もしくは「ライセンス発行開始時から過去にさかのぼり、公認タイトルの大会で著しく優秀な成績を収めている人」がある。(ライセンス発行条件は他にも年齢制限等複数あり)

つまり「“このゲーム”がうまいから“このゲームのプロ”」と、タイトルを限定された状態での認定となるという事だ。(複数タイトルのライセンス所持も可能)

まずは、2月11日(土)、12日(日)に開催される「闘会議2018」で、上記タイトルの公認大会が開催され、9月に行われる「東京ゲームショウ2018」でも関連イベントを予定しているそう。

興味を持った方は、会場に足を運んでみてはいかがだろうか。

※「ウイニングイレブン 2018」 (c)Konami Digital Entertainment ※PlayStation.4用ソフトウェア『コール オブ デューティ ワールドウォーII』 (c) 2017 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY WWII are trademarks of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners. ※「ストリートファイターV アーケードエディション」 (c)CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2018 ALL RIGHTS RESERVED. ※「鉄拳7」 TEKKEN™ 7 &(c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ※「パズドラ」 (c) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. ※「モンスターストライク」 "モンスターストライク"は、株式会社ミクシィの商標または登録商標です。 (ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/136051/

あなたにおすすめ