最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

眉毛 

形よりも毛並みがカギ! 若さを感じさせる大人眉の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



ベースメイクをオールインワンクリームなどでササッと済ませる場合でも、眉にだけは時間をかけるという人も多いのでは? 眉が整っているだけで顔の印象は美しくなりますよね。

『大人のおしゃれ手帖』2月号では、「山本浩未さんに教わる 眉毛を整えて、新しい表情を!」と題して、大人世代が目指すべきナチュラル眉について解説しています。
ヘアメイクアップアーティストの山本浩未さんによると、形はあまり気にする必要はなく、「大人をイキイキと、素敵に見せてくれるのは、毛並みのいい眉」とのこと。毛に勢いがあることが生命力につながり、顔全体の引き上げ効果も得られるのだとか。
そのためには、「まず、眉毛のブラッシングはバカにできない!」のだそう。また、「濃淡のパウダーを使って立体感を出す、仕上げに眉マスカラで毛流れをキープしてあげるなどのワザを取り入れて、毛並みを演出しましょう」とのこと。形にこだわらず、まずは毛の勢いで若々しい印象を作って。

☆『大人のおしゃれ手帖』最新号のお知らせ☆

浩未さん流
大人眉はコレで作る!




自然な眉に仕上がる濃淡グラデパレット

絶妙な3色で自然な眉を描け、ノーズの陰影も演出。
ケイト デザイニングアイブロウ3D
EX-4 ¥1,100〈編集部調べ〉/
カネボウ化粧品


とかす&ぼかすで自然に仕上げる

眉の毛流れを整えたり、ぼかしたりして自然に仕上げられるほか、まつ毛をセパレートするのにも使える。
スクリューブラシ
¥800/
RMK Division




毛流れを整えつつ眉の色をチェンジ

ナチュラルに眉毛を色づけ、お湯で落とせるフィルムタイプ。
ヴィセ リシェ
カラーリング アイブロウマスカラ
BR-2 ¥850〈編集部調べ〉/
コーセー

実践!
今風大人眉の描き方



1.
ブラッシングをして毛並みを復活させる

まず、眉尻から眉頭へとスクリューブラシでとかし、毛を逆流させて根元をほぐす。
次に、毛を斜めに持ち上げるようにして、ふっくら整える。




2.
眉山から眉尻にかけてライン状に描き足し
いちばん濃いアイブロウパウダーAを付属の斜めカットブラシに取り、細い面を使って、眉山から眉尻にかけてのラインをシャープに描き足す。




3.
薄めの色×太ブラシでふんわりベースを作る
付属の太めブラシにAとBを1対4くらいの割合で混ぜ取り、眉頭ははずし、毛の濃い部分から眉尻にかけてふんわりのせる。




4.
毛のすき間を埋めつつ形をきれいに整える
再び斜めカットブラシにAを取り、毛が足りない部分にちょんちょんと毛先を押し当てるスタンプのせで埋めていき、形も整える。




5.
薄い影でさり気なく目周りの骨格を強調
一番淡いパウダーCを太いブラシに薄く取り、眉頭から鼻筋に向かって、骨格に沿わせながらスッとひと刷けして陰影をつける。




6.
眉頭の毛並みを作って目元の間延び感を解消
眉頭の付近の毛が少ない場合は、斜めカットブラシにAを取り、筆先を縦向きに当てたスタンプのせで毛が増えた感を演出。

 ↓


7.
眉マスカラを塗って毛流れをキープする
眉マスカラはブラッシングと同じように、毛を逆流させながら塗ってから、斜めに持ち上げるように整えて毛流れをフィックスする。

 

眉毛がイキイキとした印象になれば、表情も豊かに見えてきますよね。
特集では他にも、カラーを変えるだけで実現する、簡単な「眉毛」イメチェンの方法や、夕方には眉が消えてしまう、眉毛がなく不自然な眉メイクになってしまう、などの眉毛のお困りを解決する方法も紹介しています。

『大人のおしゃれ手帖』2月号102ページからを参考に、眉毛美人を目指しましょう!

photograph: Aya Tokunaga(KiKi inc.)〈model〉、Takeshi Arai〈item〉
styling: Kazumi Yasutake(kili office)
hair&make-up: Hiromi Yamamoto
model: Kotama
text: Yoko Yamamoto

※画像、文章の無断転用はご遠慮ください。


↑『大人のおしゃれ手帖』2月号の特別付録は「LA BAGAGERIE 軽量 & ポケット充実 たためるビッグボストン」です

『大人のおしゃれ手帖』最新号のお知らせ

外部リンク(宝島オンライン)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス