真野恵里菜&鈴木愛理 “すずまの”ショットに「この二人いい絵だ」の声

真野恵里菜が1月30日、インスタで鈴木愛理と食事したことを明かしている。「今日の夕飯どうしようかなー?って考えていたら 鈴木さんからタイミングよくお誘いの連絡をいただいて…」というほどプライベートでも仲良くしており、彼女たちがピースサインする姿に「うわー この二人いい絵だ」とフォロワーも癒されていた。

昨年11月20日に開催された『Juice=Juice LIVE AROUND 2017 FINAL at 日本武道館 ~Seven Squeeze!~』を観に行った真野恵里菜は、隣の席が鈴木愛理だったことから話が弾んだという。そんなこともあって交流が深まったのだろう。

2017年6月12日の解散コンサートをもって℃-ute及びハロプロを卒業した鈴木、ハロプロでは真野より先輩だったので彼女もインスタでは「鈴木愛理さん」と呼ぶ。武道館では珍しく面と向かって話したので緊張したが、今回のように2人で食事するのも初めてとありドキドキだったという。

それでもご飯を食べながら盛り上がって、「そうそう! わかるー!」「私も頑張ろう!」「もっと前にこうやって話せてたらー!」と思うほど和めたようである。

鈴木愛理は7月9日に日本武道館で単独公演、夏にはアルバムを発表予定と忙しい。「武道館ライブ決定おめでとうございます。アルバムも楽しみー」「#ハロプロ #先輩と後輩 #尊敬 #それを越えた仲になれそう」「#おひつじ座のB型 #すずまの #勝手に呼んでみる」と親しみを込めて激励する真野だった。

画像は『Erina Mano 2018年1月30日付Instagram「正解は…鈴木愛理さんとご飯でした」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ