『スーパーマリオ』アニメ映画化! 『ミニオンズ』会社と共同開発 ネットの声は…

 任天堂が1日、『ミニオンズ』『SING/シング』を制作するイルミネーションと共同で『スーパーマリオ』のアニメ映画化企画を開始することを発表した。

【写真】『スーパーマリオ』フォトギャラリー

『スーパーマリオ』は、1985年に発売されて以来、根強い人気を誇る任天堂のゲームシリーズ。マリオとルイージの兄弟が敵を倒しながら、さらわれたお姫様ピーチを救出する。本作を共同制作するイルミネーションは、『怪盗グルーの月泥棒』『怪盗グルーのミニオン危機一発』などの「怪盗グルー」シリーズのほか、『SING/シング』など日本でも人気の高い作品を手掛ける映画製作会社だ。

今回の映画化プロジェクトについては、イルミネーション創業者で代表のChris Meledandriと、任天堂代表取締役フェローの宮本茂が共同でプロデューサーを担当するほか、配給は全世界においてユニバーサル・ピクチャーズが担当する。

ネット上では「クッパの手下にミニオンズを」「ワールドワイドな内容になる?」「見てみたい」など、多くのコメントが続々と寄せられている。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ