最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

バイきんぐ小峠、炭ガス実験で「顔にかかるGがすごすぎるよ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二が、きょう2日(19:00~21:49)に放送されるフジテレビ系バラエティ特番『でんじろうVS世界の科学者! 実験トリックを全て解き明かすぞ3時間SP』で、体を張った実験に次々と挑む。

この番組は、日本を代表する科学者・米村でんじろうが、テレビ初公開となる実験に挑戦するというもの。「笑えて学べる科学実験」をもとに、世界中から届いた自慢の実験映像の科学的な理由を検証していく。

小峠は、ドライアイスによる科学反応で浮いた特製ホバーボードに炭酸ガスボンベを噴射させ、猛スピードで爆走するという「超高速ドライアイスホバーボート」に搭乗し、大絶叫。さらに、炭酸ガスボンベを四方に装着して噴射することで、トリプルアクセルを彷彿(ほうふつ)とさせる美しい回転を目指すが、実験を終えた小峠は「顔にかかるGがすごすぎるよ!」と訴える。

また、「液体窒素ペットボトルで空を飛ぶことはできるのか」という実験では、ラストに感動のフィナーレが。そして、今回の目玉で、あばれる君とともに挑む「ファイヤーヘッドクッキング」では、スキンヘッドの地肌から直接燃え上がる炎にフライパンを乗せて調理に挑む。

他にも、松坂桃李が電気を生み出す特殊装置を使った実験に、梅沢富美男が特殊な粉と水を合わせてできた「つかめる水」の実験に参加。でんじろうは「今回の実験は、どれも手に汗握るものばかりで、私自身も現場でどうなるんだろうと思って見ていました。これは本当にいろんな意味でまさに初のすごいチャレンジの数々でしたね」と手応えを語っている。

(C)フジテレビ

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス