アニメ「ピアノの森」が4月スタート! 斉藤壮馬「楽しみながら演じたい」

アニメピアノの森」が、2018年4月からNHK総合で放送されることが決定。メインスタッフ、メインキャスト、キービジュアル、エンディングのアーティスト情報が公開され、キャスト陣が意気込みを語ってくれた。

「ピアノの森」は、2015年まで「モーニング」(講談社)で連載されていた、一色まことによるクラシック音楽漫画。森に捨てられたピアノをおもちゃ代わりにして育った主人公・一ノ瀬海が才能を開花させ、ショパン・コンクールで世界に挑む姿を描いていく。

監督は、米のドリームワークス・アニメーション社で「マダガスカル3」「ヒックとドラゴン」などのCGスーパーバイザーとして活躍していた中谷学が担当。日本のTVアニメシリーズの監督を務めるのは初となる。また、アニメーション制作はガイナックススタジオが行う。

メインキャストとして、一ノ瀬海役に斉藤壮馬、阿字野壮介役に諏訪部順一、雨宮修平役に花江夏樹を起用。また、一ノ瀬海の小学生時代を白石涼子、雨宮修平の小学生時代を大地葉が演じる。

■ 一ノ瀬海役・斉藤壮馬

斉藤壮馬:多くの方に愛されている「ピアノの森」にキャストとして関わらせていただけること、本当に嬉しく思います。以前、原作を途中まで読んでいたのですが、今回改めて読み返して、面白過ぎて一気に読み終えてしまいました。カイくんをはじめ、ピアノと向き合い、もがきながらも歩んでゆく彼らの人生を、心を込めて、楽しみながら演じさせていただきます。何卒よろしくお願いいたします!

■ 阿字野壮介役・諏訪部順一

諏訪部順一:本作のオーディションに参加させていただくことが決まり、改めて原作を読み返したのですが、あまりの面白さにページをめくる手が止まらず、全巻を一気に読み終えてしまいました。そして、ショパンの全曲集を聞きまくっております。物語が、キャラクターたちが放つ愛おしい輝きを、アニメーションの中で表現する一助となるべく、心を込めて演じたいと思います。どうぞご期待下さい!

■ 雨宮修平役・花江夏樹

花江夏樹:オーディションを受けるに当たって原作を読ませていただき、とても感銘を受けました。なので、受かったと聞いた時はとても嬉しかったです。原作ファンの方にはもちろん楽しんで見ていただきたいですし、アニメ化を機により多くの方にこの作品を知っていただけるように精一杯、修平を演じさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

なお、本作のエンディングテーマは悠木碧が歌う「帰る場所があるということ」(4月25日[水]発売予定)に決まった。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/135964/

あなたにおすすめ