最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

内田理央、『海月姫』で視界不良&顔面筋肉痛も「事故はないです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モデルで女優の内田理央が1月31日、東京・フジテレビ湾岸スタジオで、同局系月9ドラマ『海月姫』(毎週月曜21:00~)の取材に応じ、"三国志オタク"という特異なキャラクターの裏側を明かした。

『海月姫』に出演する内田理央

主演の芳根京子演じる筋金入りの"クラゲオタク女子"・倉下月海が、大物政治家を父に持つ兄弟と三角関係になって恋を知り、新しい生き方を見つけていく姿を描く同作。内田が演じるのは、月海とともに男子禁制アパート・天水館で暮らす女子グループ「尼~ず」の1人「まやや」だ。

長すぎる前髪で顔が半分隠れ、予測不能な動きで愛する三国志ネタを絶叫するその姿は、普段の内田からは全く想像できないキャラクター。「自分とはギャップがあると思って最初は不安だったんですけど、1話が放送されて、友達から『いつもの理央で安心した』とか、中学の友達からも『あの時と全く変わってなくて良かった』とメールが来て、どう捉えていいかまだ分かってないです(笑)」と、周囲の反応に困惑したそうだ。

一方で、「一般的に皆さんからは"オシャレ人間"と思われることが多いんですけど、学生時代はジャージでずっと家に引きこもっていて、今もInstagramとかはすっごいオシャレに頑張っているので、普段のポテンシャルとしては、すごく尼~ずに近いんです」と認める部分も。

自身にはオタク要素もあるそうで、「触手にハマった時期があって、コミケとかにも行ってました(笑)」と明かしながら、「オシャレを武器にするということを今モデルのお仕事であらためて感じているので、(今作は)ストーリーとしても共感します」と話した。

絶叫する役柄に、最初は慣れなかったそうで、「のどの負担がすごくて、のど飴やスプレーを常備して撮影していたんですけど、今はもう何もしなくても(声が)出るようになって、声帯が強くなったみたいです」と思わぬ成長が。

激しい動きも、当初は準備運動して撮影に挑み、「すごい顔に力を入れてしゃべっているので、顔が筋肉痛になったりとか、"まややの副作用"がありました」というが、「今は体にまややの動きが入ったみたいで、特に運動もせずにやってます」「(体が)ホットになるので、今日も半袖で外の撮影だったんですけど、暑くてジャンパー脱いでました(笑)」と、"効能"もあるようだ。

また、こちらからは目線が全く見えないビジュアルだが、本人も「かなり視界が悪い状態ですね。一応誰がどこにいるかは把握できるんですけど、目の動きとか表情は分からないので、そこはもう想像力です」と、勘を働かせて演技しているそう。顔が半分見えないことに、女優として「抵抗はない」といい、「逆にこのぶっ飛んだ役は、前髪で目が隠れてるからこそやり切れるので、すごい感謝してます(笑)」と笑顔を見せた。

動きは基本的にアドリブだそうで、まややと共に、松井玲奈演じる「ばんばさん」もハイテンションな動きを繰り出すキャラクターだが、「お互いあんまり視界が良くないので、よくぶつかるんですけど、(本番は)そのまま続けます。で、カットがかかった瞬間に『大丈夫でしたか~!?』みたいな感じになるんですけど、今のところ事故はないです(笑)」と報告してくれた。

撮影現場は「とにかく尼~ずと瀬戸(康史)さんがめちゃめちゃ仲良くて、カットがかかった瞬間に吹き出しちゃうとか、休憩になったらずっとしゃべってるくらい、雰囲気がいいです」とチームワーク抜群。主演の芳根については「一番大変で疲れてるはずなのに、一番元気で周りを見ていますね。芳根ちゃんがいればみんなが明るくなるし、スタッフさんも含めてみんな芳根ちゃんのことが好きです」と慕っているそうだ。

今後の展開は「やっぱり尼~ずは一筋縄ではいかないので、お洋服を作ることにも、またすぐ壁にぶつかります(笑)。新たな尼~ずのメンバーも出てきます」と予告し、「いずれは、まややも前髪を上げる日が来るので、それも楽しみにしてください」とアピールした。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス