最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

乃木坂46井上小百合の出演決定 腹黒“小悪魔令嬢”で笑顔振りまく<若様組まいる~アイスクリン強し~>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【井上小百合/モデルプレス=2月1日】乃木坂46の井上小百合が、畠中恵氏の人気小説「アイスクリン強し」(講談社文庫刊)を舞台化した「若様組まいる~アイスクリン強し~」に出演することが発表された。

同作は、明治23年を舞台に駆け出しの西洋菓子職人・皆川真次郎(玉城裕規)と旧旗本出身の警官たち「若様組」らが繰り広げるスイーツ文明開化物語。シリーズ2作目となる同作で、“スイーツ”の香りを舞台客席でも感じられるような、これまでにない斬新な演出となる予定だ。

井上が演じるのは、表は誰からも好かれる華族の令嬢だが、裏では手下(小野寺ずる)を使い自分の思い通りに事が進むよう腹黒い手段も使う小悪魔令嬢・紫堂志奈子。自分に興味を持たない真次郎を振り向かせるため、邪魔な小泉沙羅(宮崎香蓮)を排除すべく笑顔を振りまく。

◆舞台「若様組まいる~アイスクリン強し~」出演者は?



玉城や宮崎、井上をはじめ、入江甚儀、粟根まこと、伊藤裕一ら総勢20名近くの豪華キャスト出演する同舞台。演出・脚本は、「拙者ムニエル」主宰として劇団公演や外部公演など多くの作品(「けものフレンズ」「私のホストちゃん」「ママと僕たち」など)を手掛ける村上大樹氏が務める。

なお、公演サンシャイン劇場にて4月27日~5月6日まで全13公演。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス