安藤サクラ、朝ドラ初の“ママ”ヒロイン 「覚悟を決めてお返事させていただいた」

テレビファン

2018/2/1 10:39


 NHKの平成30年度後期連続テレビ小説「まんぷく」のヒロインに決まった女優の安藤サクラが、31日、都内の同局で会見を行った。

本作は、インスタントラーメンを誕生させた実業家・安藤百福氏と妻・仁子氏の半生をモデルに描く夫婦の愛の物語。脚本は福田靖氏。

昨年6月、俳優・柄本佑との間に第1子となる長女を出産したばかりの安藤。昨年10月にヒロイン・福子のオファーを受け、「まさかヒロインなんて…。おばちゃんだし、子持ちだし、最初はまったくやれる気もしなかった」と戸惑いがあったそうだが、夫から「ちょっとバカなふりをして考えてみてごらん」と、背中を押してもらったという。

さらに、「義理の母(女優の角替和枝)には、『やりなさい。これやらないなら、仕事やめちゃいなさい』と強い言葉をもらいました。私は、『厄年だから』とかいろんな理由をつけて、やめようとしていたけれど、『大厄の年だからこそ、大役をするべき』と言ってもらい、すごく勇気をもらえたんです」と振り返った。父親の奥田瑛二からは「これは挑戦じゃない。これは冒険だな。挑戦は途中でリタイアできるけど、冒険は途中でやめられないぞ」、義理の父である柄本明からは「そんなの、やらないわけ無いだろ」と言われたという。

その後、「いつものヒロインの方より、一回りは年上だから」と、体調面も考慮し「人間ドック」を受けたという安藤。「覚悟を決めて(NHKに)お返事させていただいた。そういう意味では、今はいざ出陣という気持ちでおります」と言葉に力を込めた。

「子どもは大阪に一緒に行きます。皆さん、本当にアットホームに迎えてくださって、私の娘にとっても『スペシャルな時間にしましょう』と言ってくださった。ちょうど働き方改革ということで、ママにも優しい働き方になっていますので、愛情をたっぷり注いで、みんなにとっての幸せな時間にできるように努めます」と意気込んだ。

「まんぷく」は、今年5月にクランクイン予定。放送は、10月1日~2019年3月30日、全151回。

あなたにおすすめ