だから「長女」なんてやなんだよーーー!(泣)

TABILABO

2018/2/1 10:00



突然ですけど、わたし「長女」なんです。

「長女(長子)」って、不利な生き物だと思うんです。こっちも初心者、親も初心者、身近に生き方のサンプルがない幼少期は、まったくの手探り!

お姉ちゃんがいるからお洒落でちょっと大人っぽかった子、お兄ちゃんがいるから高学年の先輩たちに優遇されていた子、こっちは全部ひとりで一生懸命「開拓」するわけです。「セブンティーン」も「ノンノ」も、家に転がっていないんです。あるのは、弟が読んでいた「こち亀」だけ(いや、両さん大好きだけどさ……)。

みんなの話に追いつく頃には、もう息切れ状態!(ハァ)

それは、恋愛面にも影響するわけで。



「長女(長子)」と「恋愛」

この上の句と下の句が合わさっただけで、憂うひとは数しれず。そう、大変なんです。長女は「甘え下手」とか「顔で笑って心で泣いてる」とかよく聞きません? はっきり言います、ほんとにそうです。

まわりがどうこう言っても治らないんです。この、ネイティブ「強がり」、ネイティブ「世話やき」、ネイティブ「やせ我慢」体質。どう考えても、恋愛にはよい作用をもたらしません。

でもどうか知っていてください。わたしたち長女軍は、決してこれを美徳だなんて思ってないってことを!(ていうか葛藤でしかない)

この記事を、今日も一生懸命生きているすべての「長女」に捧げます。「あ~わかるわかる」って労い合いましょう、エーン 。゜( ゜^ω^゜)゜。

長女のホンネ、7つの瞬間。


CASE 01.



家でも職場でも優等生。でも、

恋人に対しては別人のように甘えちゃう。

だって、たまには人に甘えたいじゃない?


(別人のように、って言っているけど、たぶん、ほかの人からみたらそうでもないんだろうな……だって「ご飯をとりわけてもらう」とかも甘えのうちに入るんだもん。)

CASE 02.



合コンは得意じゃない。

初対面でそんなに打ち解けられないし、

「おバカな妹キャラ」ばっかりチヤホヤされて、

ホント男ってバカ。


(正直、うらやましいんだけどね。いいな~、「妹」って最強の生き物。)

CASE 03.



付き合うからには、

お互いが成長し合える関係でいたい。

「ノリで」とか「さみしかったから」

なんて理由で付き合ってる友達を見ると

びっくりする。


(基本的に「ひとりでなんでもやる」がデフォルト。プラスになるものがないなら、べつに付き合う必要ないじゃんってほんとに思う。でもそんなこと言っているうちに、あれ?ずっとひとりだ!)

CASE 04.



遠回しな好意を察知するのは苦手。

あとから、

「本当はあのとき、好きだったんだよね」と言われてもねえ。

だったら、そのとき言ってよ!


(だれかの気持ちを汲んだり、ささいな瞬間の表情は見逃さないのに、自分への視線にはまったく気づかない。残念だけど、「世話やき」だからしかたない。)

CASE 05.



恋人の浮気が発覚したら、

自分も反省する。

もちろん、腹は立つけど、

こっちも至らないところがあったのかなって……。


(そうそう、反省気質なんです。)

CASE 06.



別れる理由は、

「このまま付き合っていても、お互いのためにならないから」

っていうことが多いかな。

できればきれいに別れたい。


(グチャグチャのドロドロになって別れることって、あんまりないよね。まさに「やせ我慢」!)

CASE 07.



どうしてもプロポーズしてくれなかったら、

最終的には自分で言っちゃうかも。

(でも、その恨み言は一生言い続ける!)


(そう、「強がって」謎に男前になっちゃうんだけど、根には持つ。でも、めんどくさいとかそんな言葉で片付けないで!)

ハァ
だから長女なんてやなんだよーー!


でも……
なんていとしい生き物なんでしょう。



《もっと見たい人はこの本をチェック!》


『“生まれ順”でまるわかり!長子ってこんな性格。』著:五百田達成(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

まじめで責任感があって情に厚い。困っている人を見るとほうっておけない。ついつい世話を焼いちゃって、みんなに頼られる。でも、本当は自分より頼りになる誰かに頼りたい……。そんな愛すべき長子(ちょうし)のための本。性格の解説から、恋愛、結婚、家庭、人間関係など、思わず「あるある」と言ってしまうエピソードに加え、「生まれ順タイプ」別の相性コンテンツが充実!

あなたにおすすめ