最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

恋愛 

やっぱりイイ子になっちゃダメ!セカンド女子のターゲットになりやすい女性の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セカンド女子とは、彼の本命の彼女ではなく二番めの女性。都合よく扱われている女性のことです。セカンドを作る男がいちばん悪いのですが、セカンドになりやすい女性がいるというのも事実。
でも、絶対にセカンドにはならない女性もいます。その境界線はどこにあるのでしょうか?
そこで今回は、なりやすい特徴をピックアップし、整理してみました。そしてならない女性との差についても考えてみたいと思います。



■ 彼を全面的に信用しすぎる

彼が好きだから彼を信用する、それは当然のこと。でも“信用しすぎる”のはどうなのでしょう。信用はとても大切ですが、それは健全な人間関係のときだけ。
片方が適当な性格だったり、片方が片方を嫌いだったり、いやな感情しかない場合は信頼関係は成り立ちません。
そう考えてみると、同等の立場で健全で……というのは本当の恋人だけなのかも。恋人でもない場合は簡単に信頼関係は成り立たないと言えるので、信用しすぎるのは危険。
彼の言葉をうのみにしない。彼の言葉を過剰に信じて、でもいつまでたっても本命にはなれないまま……なんてこともあります。ほどほどにしておくのが吉。

■ ポジティブすぎる

いつも前向きで、自分も周りの人も楽しくさせる。ポジティブで前向きな思考はとてもいいこと。でも極端なポジティブさは、自分がセカンドになっていること自体、分かっていないことも。悪いほうに想像が及ばないのです。この場合は友達や周りに忠告されて気づくことが多いですが、その忠告も「まさか」と笑い飛ばすことも。

■ お人よしすぎる

お人よしの性格は、優しい人たちやいい人たちの中でだけならかまいません。でも、世の中はそうではないですよね。とくに、純粋な恋愛以外の男女の関係は損と得で回っています。お人よしすぎると、自分だけ損してしまいます。
そして、お人よしの人は安請け合いをしやすいです。安請け合いは、好きな人だったらなおさらで、なにも考えず即答でしょう。ものごとを引き受けるときはいったん考える癖をつけたほうがいいかも。

■ 怒らない

好きな人に怒れない性格は苦労します。最初は誰でも好きな人を怒れないものですが、仲が長くなると怒ったり注意したりできるようになります。それなのに好きだから怒れない、嫌われたらいやだから怒れない、そんな場合は自分のほうが「好き」の気持ちが多いのでしょう。

■ セカンドにならない女性とは

よくも悪くも、前述のポイントと正反対の特徴を持っています。なかなか信用をしない、もしくは信用していても「信用してるよ」なんて言わない、ネガティブ寄りでドライな思考……と、よい性格ではなさそうな女性像が浮かび上がってきます。
つまり、セカンドにならないのは、彼の話をうのみにせずよく考える女性。冷静に判断できる女性。浮かれたり有頂天にならない女性。ということでしょう。

いかがでしたか?
これらの特徴は、ほとんどの女性に共通する性質です。ただ、セカンドを作るような悪い男に、捕まったか捕まっていないかの差だと思います。
いい子を前面に出していたり、誰にでも優しいと「この子は騙しやすいから、セカンドにしちゃおう」と、目をつけられやすいと思います。めんどうな性格だったり、怒りっぽいのなら、あまり「都合のいい女になってもらおう」とは思わないものです。
そのためには、どこか抜け目のない部分やわがままな部分、一筋縄で行かないような部分を出す必要があるかもしれません。

・イエスばかり言わないで、ノーをはっきり言う

・ときには感情を出す

をまずやってみるといいでしょう。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス