最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

木村拓哉、息子役・田中奏生にサプライズ プレゼントのセンスが光る!<BG~身辺警護人~>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
木村拓哉・田中奏生/モデルプレス=2月1日】俳優の木村拓哉が、武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に護る“ボディーガード”役に挑戦している木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系、毎週木曜日よる9時~)。その中で木村演じる島崎章の息子・瞬を演じている田中奏生(たなかかなう)が12歳の誕生日を迎え、木村をはじめスタッフらに祝福された。

田中と木村は2012年にフジテレビ系で放送された木村の主演ドラマ『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』で共演しており、今作では約5年ぶりの再会・再共演となった。二人のシーンは、仕事中とは違い、思春期の息子とそれに手を焼く父親のほっこりとしたシーンとなっている。

そんな田中がこのたび誕生日を迎え、撮影現場でサプライズで誕生日を祝うセレモニーを開催。父親役の木村、そして大勢のスタッフたちが、温かい雰囲気の中で12歳をお祝いした。

◆木村拓哉からのプレゼントは?センス光る



自宅でのシーンのリハーサルを終えた木村と田中。するとそこにケーキが登場し、木村とスタッフがバースデーソングを歌ってお祝いするというサプライズが始まった。田中はサッカーが大好きだそうで、サッカーボールをかたどったケーキの登場にびっくり。さらに、木村から「(4月から)中学に入ったらシャープペンシルを使えるようになるらしいので、ちょっと早いけど…」と、高級シャープペンシルをプレゼントされ、劇中の瞬とは違い、田中は素直に喜びを爆発させていた。

撮影現場でこんなサプライズが用意されているとは思ってもみなかったようで「びっくりした」と「すごく嬉しい」を繰り返していた田中。今作での木村との再共演について、「『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』で共演したときはまだ小学校一年生くらいで、すごくはしゃいでいた気がします。5年経ってもう一度共演できて、成長したなって思ってもらえたら嬉しいです」と喜んでいることを明かした。

作中で田中が演じる瞬は思春期真っ只中。時折、父である章にも冷たい態度をとっている。ただ、田中本人はまだ思春期を迎えていないそうで、試行錯誤しながら演じているのだとか。撮影の合間には“好きな食べ物”の話などをしながら、木村とともに楽しく撮影に臨んでいるそうだ。最後には「これからもみなさんに“いいな”と思ってもらえる俳優さんになりたいです!」と、今後の抱負を語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス