口と足で描いた絵 体験して考える障がい

OVO

2018/2/1 07:20


 指先をほんの少しケガしても感じる不自由。両手を使わず絵を描く、ということを想像するのはなかなか難しい。口と足で描く芸術家協会(東京)は、春の特別絵画展「口と足で描いた絵 ~HEARTありがとう~」を開催している。4月5日まで。

半世紀以上にわたり、両手の不自由な障がい者の絵による自立を目指す活動を行っている同協会。絵画展には、国内外の口や足で描く画家たちの作品が展示されている。絵画制作の実演や、画家たちとの交流、子供たちが口で描く体験コーナーもある。画家たちとの直接の触れ合いや体験を通して、障がいを持つということについて考える機会にも。入場無料。

◆会場:東京都新宿区市谷砂土原町3-4 生泉市ヶ谷ビル1F

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス