フォルクスワーゲン・ザ・ビートルが2019年に販売終了。カウントダウン的特別仕様車が登場

clicccar

2018/2/1 07:03


フォルクスワーゲンの歴史的アイコンである「ビートル」のスタイルを現代に復活させたニュービートル、そして進化版であるザ・ビートル。フォルクスワーゲンの定番モデルとして生まれ変わったビートルは欠かせない存在になっています。

しかし、残念ながら2019年に日本におけるザ・ビートルの販売が終了することになってしまいました。

そして、ザ・ビートルのカウントダウンに合わせて、フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンではビートルファンに謝意を表す”See You The Beetle キャンペーン を実施します。その第 1 弾として、プレミアムサウンドシステム“Fender® Sound”を搭載した限定車「The Beetle SOUND(ザ ビートル サウンド)」が発売されることになりました。

全国希望小売価格(税込)は、2,940,000円。限定販売台数は300台、ボディカラーはホワイトシルバーメタリックとトルネードレッドの2色で、それぞれ150台が用意されるということです。

「The Beetle Design」をベースとした限定車「The Beetle SOUND」に搭載されるプレミアムサウンドシステム“Fender® Sound”は、前後8 つのスピーカーとサブウーファーを400Wのアンプで駆動することで、大迫力のサウンドを再生するというのがセールスポイント。

そのほか、シフトパドル付マルチファンクションステアリングホイール、オートエアコンを採用するなど利便性・快適性も高めています。ザ・ビートルとしては初めてリヤエンブレム内蔵リヤビューカメラを標準装備としているのもニュースです。

さらに、専用 17 インチアルミホイール、バイキセノンヘッドライトを標準装備としています。インテリアではドアトリム・ダッシュパッドを特別にブラックにアレンジ、ブラックをベースに赤のスティッチをアクセントに加えた専用シートも与えられています。

(山本晋也)

あなたにおすすめ