洗顔は“落とす”のではなく“与える”。まるでメイク後のような透明感を肌に

レタスクラブ

2018/2/1 06:30

女性の一日はいつも同じ。肌に何かをぬって、何かを落とす。この繰り返しと共に、肌にはダメージが蓄積されているのです。

ごく当たり前の“落とす”という発想を大きく転換したのが、こちらの「#肌をメイクする石鹸」。

洗顔もメイクの1つであるという考えに基づき作られたこの石鹸のコンセプトは「洗いながら与える」ということ。

美容液のようなリッチな成分で、まるでメイク後のような透明感のある肌へと導きます。

ヒアルロン酸の2倍の保湿力がある「リピジュア」を配合したこちら。肌にするっと浸透し、長い時間うるおいが持続。卓越したバリア機能で肌を守ります。

超濃密な弾力泡は、毛穴の汚れを吸着するパック効果、肌の明るさを生み出すマッサージ効果、そのエイジングケア成分から高い美容効果を誇る優れもの。

「洗いながら与える」ために生まれた「#肌をメイクする石鹸」は、熟練の石鹸職人が90日という長い時間をかけて一つずつ丁寧に仕上げた逸品。

世界最高技術といわれている日本の「枠練り製法」でひとつひとつ丁寧に作られており、可能な限りの最大量の「コラーゲン」を配合することに成功しました。

この他にも「コエンザイムQ10」、「ハチミツ」、「セラミド3」、「ローヤルゼリーエキス」などの美容成分が高配合されており、洗い上りはとてもしっとり。

ラベンダーの香りが沸き立つ泡に包まれて、心と身体が美しく輝きます。

今までの常識を覆す「#肌をメイクする石鹸」で、憧れのノーファンデ肌を目指しましょう。(レタスクラブニュース)

https://www.lettuceclub.net/news/article/135057/

あなたにおすすめ