最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ブリヂストン 平昌2018冬季オリンピック競技大会をサポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年1月26日、ブリヂストンはワールドワイドオリンピックパートナーとして、まもなく開催される「平昌2018冬季オリンピック競技大会」を、商品供給、アスリート支援や教育支援活動等を通じてサポートすると発表した。冬季オリンピック競技大会のサポートは、ブリヂストンがワールドワイドオリンピックパートナーとなって初だ。

ブリヂストンは、国際オリンピック委員会(IOC)が使用する車両への冬タイヤの供給、世界各地域で発足した「チームブリヂストン」が平昌2018オリンピック・パラリンピックに出場するアスリートの支援を行なう。さらに、平昌2018オリンピック・パラリンピック組織委員会(POCOG)と提携し、POCOGが行なっている公式教育プログラムに対する支援を通じ、社会的なレガシー創出へも貢献するとしている。

開催国におけるこれらのさまざまな活動を通じ、ブリヂストンのグローバルメッセージ「CHASE YOUR DREAM」を大会来場者やファンにアピールするとともに、大会の開催をサポートを行なう。

サポートの一環として、オリンピックの公式タイヤサプライヤーとして長年にわたり高い信頼を得ているスタッドレスタイヤ「ブリザック」をIOCが大会で使用する車両向けに提供する。発泡ゴムを搭載したブリザックは、氷雪上でも柔らかさを保ち、冬道で優れたグリップ力を発揮し、さまざまな天候において大会関係者が大会会場を安心かつ安全に移動できるようサポートする。

また屋外広告を仁川国際空港、ソウル市内、平昌2018冬季オリンピック大会会場周辺に掲示するなど「CHASE YOUR DREAM」をテーマにマーケティング活動を展開し、世界中から来場する観客、ボランティアやメディアを歓迎する。また、動画広告は、韓国国内のデジタルサイネージや「オリンピックチャンネル」などウェブサイト上にも展開する。

ブリヂストンはグローバルレベルで「チームブリヂストン」を発足させており、現在、全世界で100名以上のアスリートを支援していて、この中で、10か国30名以上のオリンピアンやオリンピック出場候補アスリートをアスリート・アンバサダーに任命しており、アンバサダーたちは、それぞれが「CHASE YOUR DREAM」を体現し、ブリヂストンの顔として活動する。

今回の平昌2018オリンピック・パラリンピックでは、チームブリヂストンのアスリート・アンバサダーである、アイスホッケー女子日本代表チーム「スマイルジャパン」、ネイサン・チェン選手(アメリカ/フィギュアスケート)、マチェイ・コット選手(ポーランド/スキージャンプ)、エラナ・マイヤーズ・テーラー選手(アメリカ/ボブスレー)、エイミー・パーディ選手(アメリカ/パラスノーボード)、エヴァン・ストロング選手(アメリカ/パラスノーボード)、ピエール・ヴォルティエ選手(フランス/スノーボードクロス)が出場する。

さらに2017年12月、ブリヂストンはPOCOGと提携しPOCOGが展開している平昌2018教育プログラムを支援することを発表している。この提携により公式教育プログラム実施対象として新たに楊平群京畿道にあるシンマンウォン孤児院を加える等の活動をしている。

12月3日には、ブリヂストンとPOCOGがこの孤児院で「平昌デー」を共催し、子どもたちはオリンピック競技を体験し、オリンピックの価値である卓越性(Excellence)、友愛(Friendship)、尊重(Respect)を学習。また、2018年1月に聖火リレーが通過する際には、子どもたちをソウル市に招待し、2月には冬季オリンピックの観客プログラムに招待することで、オリンピックを直接体験する機会を子どもたちに提供する。

ブリヂストン アーカイブブリヂストン公式サイト

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス