熱気あふれるモロッコの世界遺産の古都・マラケシュで絶対に訪れたい観光スポット7選

GOTRIP!

2018/1/27 17:57

「南方の真珠」とたたえられるモロッコの古都・マラケシュ。かつての栄華をしのぶ歴史的建造物がひしめき合うメディナ(旧市街)は、まるごと世界遺産に登録されています。

モロッコを旅する旅行者のほとんどが訪れるモロッコを代表する観光都市、マラケシュで絶対に訪れたい7つの見どころをご紹介しましょう。

・ジャマ・エル・フナ広場



マラケシュの代名詞的存在が、中世の時代から街の中心としてにぎわってきたジャマ・エル・フナ広場。メディナ散策の起点でもあるこの広場へは、マラケシュ滞在中何度も足を運ぶことになるでしょう。



オレンジジュースの屋台や土産物の露店、ヘビ使いやサル使い、ミュージシャン、ヘナ描きの女性・・・さまざまなモノ売りや大道芸人がひしめき合うフナ広場特有の文化は、無形文化遺産にも登録されました。



朝、昼、夜と時間帯によってその表情を変えるフナ広場。なかでも熱気が最高潮に達するのが日没後。日中は何もなかった場所にケバブやタジン、魚介のフライ、エスカルゴといったさまざまな食べ物屋台が開店し、観光客だけでなく地元の人々も大勢集まってきます。

地元の人向けに弾き語りを披露するミュージシャンや、ペットボトルを釣り竿で釣るといったアナログなゲームも登場し、大盛り上がり。こんなお祭り騒ぎが夜ごと繰り返されるフナ広場のカオスなエネルギーに、圧倒されずにはいられません。

・スーク



ジャマ・エル・フナ広場の北に広がるマラケシュのスーク(市場)は、「世界最大の商業地区」ともいわれるほど巨大なことで有名。また、舞台はアブダビという設定の映画「セックス・アンド・ザ・シティ2」のロケ地としても知られています。

迷路のように張り巡らされた細い路地の両側にぎっしりと店舗が並び、織物、木工製品、皮革製品、銅製品、陶器、香辛料、化粧品など、ありとあらゆる品物が並ぶマラケシュのスークの規模と物量は圧巻。



雑貨好きには、まさに天国。色とりどりの品物を眺めながら迷い歩くだけで、あっという間に一日が過ぎてしまうことでしょう。

その一方で、メインストリートを外れた路地では、今も職人たちが黙々と作業をしている光景が見られます。モノの売り買いの場であるだけでなく、伝統の技が息づく場としてのスークの奥深さにぜひ触れてみてください。

・マラケシュ博物館



19世紀後半に宮殿として造られた建物で、1965年からはマラケシュ初の女学校として使われていました。その美しい建物自体も一見の価値があり、中央に泉が配置されたパティオには、外の喧騒を忘れるゆったりとした時間が流れます。



ベルベルの装身具や古い陶器や装飾品などのほか、現代のモロッコの芸術家たちによるモダンアートの展示も行われています。

・ベン・ユーセフ・マドラサ



1565年にサアード朝のスルタン、アブダラー・アル・ガリブによって建設されたベン・ユーゼフ・マドラサは、北アフリカ最大のイスラム神学校。その規模のみならず、「アラブ・アンダルシア建築の最高傑作」と称される建築美は絶対に見逃せません。

最盛期には900人もの学生が暮らしながら学んでいたというこのマドラサは、1956年まで現役の学校として使われていました。現在は教育の場としての役割を終え、観光客に開放されています。



色鮮やかなモザイクタイルや、漆喰仕上げの壁に施されたレースのような透かし彫り、立体的に彫られた植物文様・・・一見してわかりやすい派手さはありませんが、見ればみるほどその装飾の美しさと緻密さに驚かされます。

・サアード朝の墳墓群



16世紀から17世紀にかけてこの地を統治したサアード朝のスルタンたちが眠る、サアード朝の墳墓群。お墓といっても、宮殿並みの豪華な装飾が施された建物は必見です。



廟には3つの部屋があり、なかでもイタリア産の大理石で造られた12本の柱をもつ「12円柱の間」は目を見張る壮麗さ。細部に魂を吹き込む職人たちの見事な手仕事に、ため息を漏らさずにはいられません。

・バヒア宮殿



19世紀後半に当時の大宰相ブー・アフメドの私邸として建てられたバヒア宮殿は、国王もたびたび訪れるという豪華な宮殿。中央に泉が配置された広間や、オレンジの木が植えられた庭園、見事な細密画が描かれた部屋など、空間ごとにさまざまな表情を見せてくれます。



壁や柱に施された緻密な彫刻は圧巻で、スペインのアルハンブラ宮殿にも負けない芸術作品です。

・マジョレル庭園



フランス人デザイナー、イヴ・サン=ローランが愛したことで知られるマジョレル庭園。ほかの見どころがメディナに集中しているのに対し、ここだけは新市街にありますが、タクシーに乗ってでも訪れる価値があります。

マジョレル庭園はもともと、フランス生まれの画家ジャック・マジョレルが40年の歳月を費やして完成させた庭園。彼の死後、イヴ・サン=ローランが買い取って修復を行いました。



竹とサボテンが共存する奇妙な庭園ながら、「マジョレル庭園」という世界観でまとめられた空間は不思議な調和を見せています。

「マジョレル・ブルー」と呼ばれる目の覚めるような青が随所に散りばめられた庭園は、なんともフォトジェニック。どこか現実離れしたような幻想的な雰囲気が漂うマラケシュの別世界です。



砂漠地方と沿岸部を結ぶ交易の中継地として発展し、かつては王都も置かれただけあって、マラケシュには見どころがいっぱい。ゆっくりと時間をとってこのエネルギッシュな古都を味わい尽くしましょう。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

あなたにおすすめ