最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

まるで本物の月! 3Dプリンター技術でリアルな月を再現したランプは充実の就寝時間をもたらす【今日のライフハックツール特別版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お月さまがついてくるよ」子どもの頃、親にそんな風に話しかけ、あのきれいな月を家に連れて帰りたいなと思った人は多いことでしょう。そんな幼い頃の夢が実現しました。
DSC_0287-1
Photo: 今井麻裕美

Magical ルナ ライト』は3Dプリンター技術で本物の月を再現したランプ。
DSC_0288
Photo: 今井麻裕美

普通は見られない、月の裏側まで観察することができます。
DSC_0276
Photo: 今井麻裕美

月そのもののイメージを壊さないデザイン。充電式でコードレスかつ、機械っぽさを感じさせがちな充電するところも極力小さく、目立ちません。
DSC_0268
Photo: 今井麻裕美

USBで充電し、フル充電にかかる時間は1~2時間。充電中は青いランプがつき、満充電になると自動的に消えます。

「星を手中に収める…」という“中2的”な感覚で、思わず手にとって掲げたくなります。大きさは15cm、材質はPLA樹脂でとても軽いです。
DSC_0293
Photo: 今井麻裕美
DSC_0296
Photo: 今井麻裕美

光色は白色とオレンジ色の2色で切り替えが可能。空の高いところに昇った満月と、月の出の赤っぽい月の両方を楽しむことができます。真っ暗な中、オレンジ色の光で明るさを落とすと、赤銅色の皆既月食っぽくなるでしょう。
DSC_0277
Photo: 今井麻裕美
DSC_0278
Photo: 今井麻裕美

充電するところはタッチセンサー式のスイッチになっており、光色の切り替えのほか、触れる長さで調光も可能。満充電のときから、明るさを強くしたときには8時間、弱くしたときには18時間もの長さで連続点灯します。

インテリアとして置いておくのも楽しめますが、教材としても使えます。
DSC_2802
Photo: 今井麻裕美

太陽に見立てた光源に対して月に見立てたボールを手にもって、自分を地球とし、ぐるぐるまわる実験。地球の自転によって月の満ち欠けがどう変わっていくのかがわかります。小学校のときはバスケットボールを使いましたが、このランプを使うとリアル。
DSC_0298
Photo: 今井麻裕美

月球儀と見比べて、地名から宇宙飛行士が降りたところや探査機を飛ばしたところに思いをはせるのも面白いものです。
DSC_2806
Photo: 今井麻裕美

それにベッド脇に置いて、ナイトランプとして使うのにも最適です。白色光で明るめにすれば、寝る前の読書ができるくらいの明るさになります。
DSC_2814
Photo: 今井麻裕美

また睡眠の質を高めるには、真っ暗な方がいいのか、ほのかに明かりをつけた方がいいのかは、心理学や脳科学などで見解がいろいろあり、はっきりとした決着はついていませんが、明かりがあった方が眠れる派も多いのは事実(まさに「月明り」が理想という話もあります)。

落ち着くオレンジ色の光で好みの明るさにすれば睡眠の邪魔をせず癒し効果もあって快適に眠れます。また、夜中にトイレに起きたときにも安心。コードレスなのでつまづくこともありません。

ひとつ「自然科学オタク」として不満があるとすれば、「ウサギの形」で言われる月の黒っぽい部分「月の海」は隕石の衝突によりできたことで、周りよりも高さが低くなっているのと黒っぽい鉱物が多いために暗く見えるのですが、このランプでは盛り上がっています。厚みがあるために光を透過しにくくすることで、明暗を表現しているわけです。ここをリアルにしようとすると、球体の内側に厚みをつけなくてはならず、高度な技術が必要とされ、コスト的に手軽に楽しめるものにはならかったでしょう。月の100%ミニチュアではないのは留意。

とはいえ、主要なクレーターのでこぼこは再現されていますし、見た目のリアルさは十分。自宅に月を置いて「月光浴」で癒されてはいかがでしょうか。

Photo: 今井麻裕美

Source: HONEY&COTTON, ねむりラボ

外部リンク(ライフハッカー[日本版])

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス