過去最悪の住人 12年ぶりに足を踏み入れた大家「ホラー映画かと思った」(英)

家主としてはいくら借主が家賃を払ってくれるとはいえ、できる限り綺麗に使ってほしいという思いがあることだろう。しかし英ケント州のある大家は、そんな思いを激しく裏切られてしまった。長きにわたり貸していた住人が昨年引っ越していったのだが、室内に足を踏み入れた瞬間、その惨状に驚愕した。英メディア『Metro』『Mail Online』などが伝えている。

ケント州メイドストーンに住むグラハム・ホーランドさん(56歳)は、30年前に妻ニコルさんと共同でシッチングボーンにある1ベッドルーム(台所、浴室とは別に寝室が1部屋ある)のアパートを購入した。

借主となる人にいいアパートだと思ってほしいという気持ちから、購入後はグラハムさん自身が綺麗に改装した。その後は複数の住民が入れ替わり住んだが、みな綺麗に借りていたようだ。しかしこの12年ほど、グラハムさんはその室内に足を踏み入れたことは一度もなかった。

12年前にアパートの借り主となったマイケル・グラントさん(68歳)は、大家であるグラハムさんでさえ部屋に入ることを嫌がった。「引っ越してきた当初は、彼はいつも気さくでいい人のように思えました」とグラハムさんは回顧する。しかし間もなくして、マイケルさんと話をすることが難しくなってしまったそうだ。

「仲介をしている賃貸不動産会社のスタッフが中を見せてくれと言ってきても、マイケルさんはいつも不機嫌になってとにかく嫌がったんだ。それでも彼は家賃を期日通りにいつも払ってくれているし、私たち夫婦もそれ以上無理強いはしなかった。」

そんなマイケルさんが引っ越したのは、昨年の夏のことだった。グラハムさんが12年ぶりに家賃を上げたことがきっかけだったのだが、マイケルさんが出て行った後、室内に足を踏み入れたグラハムさんはとんでもない光景を目にすることとなった。

室内は至るところがゴミの山となっており、数えきれないほどのビールの空き缶に加えてタバコの吸い殻や空き箱、腐った食べ物、その食べ物を包んでいた汚れた紙などが各部屋に蓄積され、ベッドの上にもゴミ袋が散乱、床もほとんど見えない状態だった。バスルームも汚れた便器や雑誌が積み上げられた浴槽、何十本というトイレットロールの芯など、不潔極まりない状況だったという。この惨状を目にしたグラハムさんはこのように話している。

「もう全く持って大ショックです。こんな散らかった状態で住み続けることができたというのがもう信じられません。本当にホラー映画かと思ったぐらいですよ。」

グラハムさんはニコルさんと一緒に蓄積されたゴミを取り除いたが、丸4日かかったそうだ。マイケルさんはゴミだらけにしたことを恥じらいもなく認めていたようだが、散らかしたアパートの修繕費用は1万ポンド(約154万円)にも上り、グラハムさん夫婦にとっては大きな痛手となってしまった。

「こんなにゴミが溜まってしまった理由について、マイケルさんは『1階に住んでいた女性が門の鍵をかけてしまうので、外にゴミ出しに行けなかった』と言い訳をしていましたが、そんなのは嘘です。」

なお『Mail Online』によると、マイケルさんは既に他界しているという。

画像は『Metro 2018年1月30日付「Landlord reveals aftermath of worst tenant in the world」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ