最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

赤ちゃんの英語学習に役立つCD・DVDの歌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


赤ちゃんに英語教育を……と思った時何より大切なのは、「英語って楽しい!」と認識させること。ここで重要なものになるのが、「音で楽しむ英語」です。今回は、英語を楽しく学ぶ環境を整えるため「英語音楽」「英語DVD」にテーマを絞って紹介していきます。
音楽の聞き流しで耳が慣れてくる

まだ、自分では話すことのできない赤ちゃんの頃から英語を学ばせたいと考えるとき、一体何が大切でしょうか。それは、「音として楽しむ」こと。音で楽しむ英語は、生まれてからすぐ実践出来ます。英語音楽を聞かせてみたり、視覚で英語に触れさせるのも良いでしょう。特に聞き流しは英語教育では必要不可欠です。

中でも、英語音楽を聞くことは取り入れやすいものの一つ。赤ちゃんの頃に聞いた音は、成長すると心地の良い音として認識されます。つまり、赤ちゃん時代~幼児期に「英語の音楽」を聞かせてあげると、自然と「好きな音」として記憶に残るのです。

この時、意識的に聞かせなくても大丈夫です。聞き流しの状態でも十分効果があります。英語音楽が楽しいと感じれば、英語をどんどん吸収していきます。また、幼児期に英語を音で聞かせることで、英語を聞き取れる耳も育ち、自ずと大きくなったときに理解力も高まります。

おすすめの聞き流し用の音楽をご紹介
それでは、幼児期にぜひ聞かせたい英語音楽を、定番の曲から中心に紹介しましょう。YouTubeなどでも聞くことができますので探してみてください。聞き流し英語音楽を選ぶポイントは、幼児が気に入りそうなフレーズや動きが入りそうな曲です。
CD
●ABC(ABCの歌)

最もベーシックな曲です。この曲を覚えることができれば、アルファベットを覚えることが出来ます。また、正しい発音の仕方をこの曲を通じて学べます。

●twinkle twinkle little star(きらきら星)

日本語の歌でも定番のキラキラ星。もともとは、フランスのシャンソン曲です。日本語バージョンもあるので、日本語バージョンと英語バージョンを交互に聴かせるのも良いでしょう。

●if you’re happy and you know it(幸せなら手を叩こう)

比較的英語音楽では、難易度が難しい曲に入ります。英語が早口で展開されていくので、英語の聞き取りには適した教材です。また、手遊びが入るため、遊び感覚、ダンス感覚で英語に親しめます。

以上にあげた曲以外にもたくさん英語音楽はあります。子どもが気に入った曲を中心に聞かせてあげるのがオススメです。そのためには、曲を流した時に子どもが一緒になって歌っているかどうかを聞き分けながら探すように心がけましょう。
DVD
英語を音だけでなく「視覚的」に楽しめるものがあります。それが、「英語DVD(ブルーレイ)」です。最近では、英語DVDも多様化し、様々な種類のものが登場しています。その中で幼児にぴったりのDVDはどのようなものがあるのでしょうか。幼児期にオススメなDVDを中心に、代表的なものを中心にご紹介していきましょう。

■ハイハイ英語
可愛いアニメーションが特徴のハイハイ英語。英語圏の子どもやお母さんがよく使う言葉を映像の中に多く取り入れています。また、五感を使って英語を学ぶことが出来るので、この映像を見れば、英語の基礎力を養うことが出来ます。
アンパンマンとはじめよう!英語編あそぼうABC
人気キャラクターアンパンマンを用いた人気幼児教育教材。アンパンマン好きな子にはぴったりですね!「英語で伝える」「英語で表現する楽しさ」「日常で使う単語」「正しいアルファベットの発音」を中心に英語の基礎を学べます。アンパンマンが好きな子どもは、楽しく学ぶことができるでしょ
■0歳からの聞き流し英語 
「うた」「おはなし」「おあそび」を通じて楽しみながら英語耳を養成することができる教材です。

0歳児に大切な英語の音を楽しく聴くということに絞って楽しい聞き流し英語教材になっています。

ぜひ、英語耳を子どもに身に付けたい親御さんは、取り入れてみるのはいかがでしょうか。
まとめ
「本格的な英語教室に通わせるのは、まだ早いかな?」という時、英語教育を始めるための第一歩として、「英語音楽」や「英語DVD」で楽しい環境を作ってあげてみてはいかがでしょうか。一緒に見聞きするママ・パパも自然と英語を覚えられるので、家族全員で英語を学べるチャンスにもなりそうですね。家族で海外旅行を目標に、英語学習してみてはいかがでしょうか?
※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

外部リンク(マイナビウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス