最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「glee」キャストがまた亡くなる…マシュー・モリソン“教え子”2人との写真にファン号泣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【マシュー・モリソン、マーク・サリング、コリー・モンティス/モデルプレス=1月31日】2013年7月に亡くなったカナダ出身俳優のコリー・モンティスに続き、アメリカの人気ミュージカルドラマ「glee(グリー)」のメインキャストだった米俳優のマーク・サリングが30日、死去したと報じられた。同作で先生役を演じた米俳優のマシュー・モリソンは31日、2人との3ショットをInstagramに投稿。ファンには悲しみが広がっている。

◆マシュー・モリソンが追悼ショットを投稿 ファンの悲しみ溢れる



グリークラブの顧問ウィル・シュースターを演じたマシュー。第1シーズンから教え子役として共演していたコリー、マークに挟まれた3ショットを投稿し、2人が亡くなってしまった悲しみを顔の絵文字で表した。

コメント欄には「2人がいないなんて信じたくない。涙が止まりません」「2人が恋しい。なんて悲しい日なの」「3ショットにもっと泣かされたわ」「写真見ると悲しみが溢れてくる…号泣してます」「心が切り裂かれるようです」「2人が安らかに眠れますように」「これ以上の悲しいことが起こりませんように」など、悲しみの声が溢れている。

◆世界中の若者たちに勇気を与えた「glee」



同作は米オハイオ州にある架空の高校が舞台。学校のはみ出し者たちが合唱(グリー)クラブに入り、歌やダンスのパフォーマンスでありのままの自分を開放していく姿を描いた。

懐かしの名曲から最新のヒットソングまでをミュージカルドラマにアレンジし、マイノリティへの差別などの社会問題をテーマに若者を勇気を与え、全世界的なブームを巻き起こした。

◆コリー・モンティス、作品完結前に突然の死



主人公レイチェル・ベリーの恋人、フィン・ハドソンを演じたコリー。レイチェルを演じたリア・ミシェルとは私生活でも恋人同士として知られていた。

コリーはシーズン4の放送中だった2013年はじめ、薬物依存症の治療のためのリハビリ施設に入所。4月に退院するも、7月にヘロインなどを使用し混合薬物中毒で亡くなった。31歳だった。

コリーの死を受け、同年9月に放送開始した第5シーズンからの脚本は書き換えられ、劇中でフィンの死も描かれた。

◆30日、マーク・サリング死去と報道



パック(ノア・パッカーマン)を演じたマーク。米報道によると、30日朝、マークが自宅で死亡しているのが発見されたという。35歳だった。

マークは2015年放送の同作ファイナル・シーズンにも出演していたが、同年12月には児童ポルノ所持の容疑で逮捕された。昨年8月には自殺未遂が報道されていることもあり、各米メディアは死因を自殺ではないかと報じている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス