安藤サクラ、秋の朝ドラ『まんぷく』ヒロインに決定 家族の後押しで出演を決意

クランクイン!

2018/1/31 20:06

 女優の安藤サクラが、2018年秋から放送されるNHK連続テレビ小説第99作『まんぷく』のヒロイン・今井福子役に決定し、31日に同局で行われた発表会見に出席した。ステージに登場した安藤は、冒頭の挨拶で役名を「石田福子、あ、石井、今井…」と間違うなどガチガチに緊張。出演オファーを受けたときは子どもが生まれたばかりで、大阪での長期撮影に迷いがあったというが、家族の応援もあり出演を決意したという。「今はもう“いざ出陣”という気持ちです」と意気込みを語った。

【写真】NHK連続テレビ小説『まんぷく』ヒロイン発表会見フォトギャラリー

“インスタントラーメン”を生み出した夫婦の知られざる物語を描く本作。何度も失敗してはどん底から立ち上がる“敗者復活戦”を繰り返した末、世紀の大発明へとたどり着く、人生大逆転の成功物語となっている。安藤が演じる福子は、夫に振り回され耐える日々から、やがて夫の背中を押し、引っ張っていく強い女に成長していく。

制作統括の真鍋斎氏は、「数々の作品で個性的な役柄を演じることが多い安藤さんが、朝ドラというフィールドでヒロインを演じたらどんなに素敵なことになるだろう」と思ったことが起用のきっかけになったと語る。

ヒロインのオファーをもらった時の感想を「まずは悔しい気持ちになりました」と語った安藤。その理由について、朝ドラはもともと憧れていたものの、「おばちゃんだし、子持ちだし…」と自分とは縁がないと思っていたところへの思わぬオファーだったといい、「最初はやれる気もしなかったし、子どもを育てることが第一だったので、(受けられないのが)悔しいな、という気持ち」になったと明かす。しかし、夫の柄本佑に伝えると「『バカなフリしてやってみよう』というくらいの気持ちでやってみたら」と背中を押されたそうで、両親の奥田瑛二、安藤和津や、義理の両親・柄本明夫妻も応援してくれ、受ける決意をしたとのことだ。大阪での撮影には子どもを一緒に連れていくという。

今回演じる福子のキャラクターについて「嫌なことがあっても、それを必ずいいエネルギーに変換させることができる女性」と語り、「私もそういうふうになりたいと思っていて、それは母になってから特にそう思うようになりました」と共感している様子。

最後に安藤は「ものすごくおもしろくて、ものすごく楽しい時間になるんじゃないかなと思っています」と期待を寄せ、「32歳が演じるには若い時代もあるのですが、そこはちょっと温かい目でみてください」と笑いながら話した。

NHK連続テレビ小説『まんぷく』は、10月1日より放送。

あなたにおすすめ