野球部員を熱演の須賀健太「今までにないくらいの力が出てきた(笑)」

ザテレビジョン

2018/1/31 06:00

現在公開中の熱血な野球シーンではなく、“野球部3バカトリオ”と言われる高校生の日常を描いた青春映画「ちょっとまて野球部」。“野球部3バカトリオ”の野球部員、大堀広揮を演じた須賀健太、秋本高兵役の小関裕太、宮田捺生役の山本涼介。今回は、須賀と小関にインタビューを行い、撮影時の苦労から高校時代の思い出話まで、普段は聞けない話を聞いた。

――“野球部3バカトリオ”と言われる、野球部員を演じられていかがでしたか?

須賀:僕は野球ができないので、最初に話をいただいたときは、どうしようかなって思いました。でもあんまりというか、ほとんど野球をしないのでほっとしました(笑)。ただ、3月に撮影したので極寒で、大変でした。

小関:ほんとに極寒の中で、よく撮ったなって思いました。この衣装が通気性が良くて、さらに冷えましたね。

――演じる上でこだわったことはどんなところですか?

須賀:会話劇でアドリブも多かったので、リズム感を大事にしました。

小関:僕らは同じ高校だったので、自然とその当時の雰囲気になっていたと思います。宝来(忠昭)監督に怒られるくらいの悪ふざけも、面白くなるんじゃないのかなって。

それに健太君は、プライベートでも面白いことばっかりしていて、普段からあんな感じなので(笑)、気負うことはなかったです。

須賀:俺、あんなにばかじゃないよ(笑)。

――アドリブもあったということですが、それはどんなところですか?

須賀:教室で問題に答えているシーンがあって、監督も爆笑してたんですけど、尺の関係でかなり短くなっていました(笑)。あと、「ミケランジェロ」って言って走って行くのは、台本には全くなくて。あのとき、ふと湧き出てきました(笑)。

小関:あれはライブ感がすごかったよね! 健太くんは、(高校生の時に)段ボールを使ってライオンキングをやるような先輩だったので(笑)。元々そういう性格なんです。

須賀:そうなんですよ、やりたいって思っちゃって(笑)。掃除の時間にやってました(笑)。

――お2人はどんな高校生だったんですか?

小関:学校帰りに一緒にカラオケに行ったり、たこ焼き屋さん行ったりしてましたね。映画のままです。

須賀:そうですね、僕の友達の輪に入ってくれて、結構一緒にいましたね。

――部活は何かされていましたか?また野球部への憧れはありますか?

須賀:中学のときにバレーボールをやっていました。野球はキャッチボールをしていたくらいかな。でも球場で試合を見るのは好きですね。

小関:僕は中学のときはテニスをやっていて、野球は父親とキャッチボールしていましたけど、強い憧れとかではなかったですね。

―― 一番難しかったシーンはどこですか?

小関:5日間しか撮影日がない中で、雨が降ってきて撮れないシーンが出てきたんですよ。そこで急遽、長回しのシーンを撮るってことになって、それが一番大変でしたね。

須賀:えぇーってなりながらも、一人で空いてる教室に行って必死にせりふを覚えました。その時は、今までにないくらいの力が出てきて(笑)。でもテンポ感を大事にしないといけないなって思っていたので、必死でした。みんなそれぞれ、「次は俺のせりふかな?」みたいな緊張感もあって、舞台をやっているような感じでしたね。

小関:アドリブ感はあったけど、でも台本通りでした。3カットを一気に撮ったので、大変でしたね。それをまとめた監督は本当にすごいなって、あらためて思いました。

――見どころをお聞かせください。

小関:全体のノリ感、現場での悪ノリ感が出ていて。僕たち3人だけじゃなくて、他のメンバーがアドリブを入れたりとか、そういうのも良かったですね。

須賀:内容がないっていうところですね。何もない日常を描いているってところが一番の魅力です! あとは、学校あるあるがつまっているので、その辺りも楽しんで見ていただけたらと思います。

――2018年、挑戦したいことをお聞かせください。

須賀:スカイダイビングをやってみたいですね。役としては、犯人役、ハッカーとかをやってみたいです。日常とは違う自分になれる、そういう経験ができるので。

小関:僕はスキューバダイビングをやりたいです。役としては、サイコパスとかくせのある役に挑戦したいです。自分と違う人格を演じられるのは、刺激にもなるので。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/135801/

あなたにおすすめ