福士蒼汰、足の小指の骨にヒビが入るも「大丈夫だったから大丈夫です!」

ザテレビジョン

2018/1/31 06:05

AbemaTV内「ドラマチャンネル」にて、1月29日に特別番組「福士蒼汰、豪華キャスト生出演!映画『曇天に笑う』イケメン座談会&スピンオフSP」が放送。イケメン俳優たちによる座談会が行われた。

同番組は、3月21日(水・祝)の映画「曇天に笑う」公開を記念した特別番組で、MCを務めるたんぽぽの他、映画に出演する福士蒼汰、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、若山耀人の7人が登場した。

今回は「イケメン座談会&スピンオフスペシャル」と題し、同放送直前に実施された完成披露舞台あいさつの様子や、ここだけでしか話せない“ボーイズトーク”や、撮影秘話などを語った。

番組冒頭、自身の役どころを紹介するコーナーでは、“三男坊”若山が撮影当時からすっかり大人っぽくなったことが話題に。

若山は「撮影当時は中学1年生で、ことし3年生になります。背は撮影当時に比べると約10cmぐらい(伸びました)」と話すと、スタジオは驚きに包まれた。

また、撮影時の思い出話では、既に大きなニュースとなっている、福士が足の小指の骨にヒビが入っていたにもかかわらず、周囲には言わずにアクションシーンを撮っていたことが明かされた。福士は「大丈夫だったから大丈夫です!」と笑顔で当時の様子を話した。

すると大東が「実はもう一人負傷者がいまして…」と切り出し、アクションシーンのテスト時に、スタッフの足が市川の肋(あばら)に当ってしまったエピソードを披露。

当たった瞬間に「これ絶対折れた! 絶対折れた!」と市川が叫ぶも、結果折れていなかったというが、痛みは残っていたようで、大東が「俺らずっと一緒にいたから面白い話をいっぱいするわけですよ、みんなで笑いだした時に、市川くんが『痛てててて』って笑いながら痛がる姿が面白くて」と当時を振り返った。

そして、AbemaTV限定のスピンオフドラマ撮影時の未公開シーンも。VTRが流れると、出演陣からは「懐かしい!」「確かに夏だったねー」など懐かしむ声が次々と飛び出した。

“国民の弟”こと小関は「本編では犲(やまいぬ)がすごく格好いい存在として爪痕を残しているんですけど、スピンオフ見てもらってから本編見てもらうと、犲って存在がすごく重く感じる。だから見てほしいなと思います」とコメント。

その他、福士は洞窟のシーンでは、外気温が30度近くあっても洞窟内は10度ほどしかなく、寒暖差の激しい撮影現場だったことを明かした。

さらに、生放送中に視聴者からの質問にその場で答えるコーナーでは、桐山が「ソーメンチャンプルー」にハマっていることや、福士の鉄扇を使ったアクションのこだわり、メンバー同士の第一印象が明らかに。

また、今一番欲しいものは?という質問に、福士は「んー、何だろう…時間。英語の勉強とか武術の勉強も最近できていなくて」と回答。忙しい俳優ならではの悩みを明かしつつ、勉強が好きなことを告白した。

3月21日(水)より全国公開される映画「曇天に笑う」は、女性層を中心に熱狂的なファンを持つ大ヒットコミックシリーズが満を持して映画化。

2011年のコミック連載開始直後から、琵琶湖を舞台に三兄弟が織りなす壮大な冒険活劇が人気を博しており、アニメ化、舞台化とさまざまなメディアでそれぞれの良さを生かした作品が誕生してきた。

待望の映画化となる本作は、主演を時代劇映画初主演にして、体当たりなアクションシーンに挑戦する福士、その他にも古川、桐山ら今をときめくイケメン俳優陣が脇を固める。

そしてメガホンを取るのは日本映画界屈指のヒットメーカー・本広克行監督。主題歌は、5人組ロックバンド・サカナクションが務め、迫力あるストーリーを際立たせている。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/135679/

あなたにおすすめ