深川麻衣が“くまさんパン”を手渡し、パン店の1日店長に

ザテレビジョン

2018/1/31 15:40

深川麻衣が主演を務める映画「パンとバスと2度目のハツコイ」が2月17日(土)に全国公開されることを記念し、深川がパン店の1日店長を務めるイベントが1月30日に東京・調布のベーカリー&カフェ「ルパ」にて行われた。

駆け付けたファンが見守る中、劇中で着ていたパン店の衣装で登壇した深川は「“映画の街”調布でイベントをさせていただけて、とてもうれしいです」と、笑顔で挨拶。衣装を着るのは撮影以来だといい、「気持ちが引き締まって、あの時のいろいろな気持ちがよみがえってきました」とコメントした。

また、劇中のパン店で働くシーンを思い出し「パンに卵黄を塗るシーンでは、実際にお店の方に教えていただき、撮影に臨みました。レジ打ちは、学生の時のバイト経験が役に立ってよかったです」と明かした。

同作は深川演じる市井ふみと、三代目 J Soul Brothers・山下健二郎演じる湯浅たもつの恋愛模様を描く物語。特に見どころとなる、ふみとたもつが一緒にパンを作る場面については「一見和やかで楽しいシーンに見えますが、2人とも内側に複雑な気持ちを抱えている実はすごく切ないシーンでもあるんです。映画の代名詞とも言える、“モヤキュン”が隠れているシーンになっていると思います」とアピールした。

なお、現場で起きていたアクシデントもスクリーンで確認できるそうで「偶然たもつに言われた言葉がぐさっときてチョコペンが歪むというトラブルがあったんですが、監督がそのまま使ってくださったので、よく見ると動揺してます(笑)」と、撮影秘話も披露した。

トークの後には、劇中に登場する「くまさんパン」の手渡し会も。事前の抽選で選ばれたファン一人ひとりにパンをにこやかにプレゼントし、「見終わった後にパンが食べたくなる映画です。映画を見た後に、くまさんパンを食べて、二度楽しんでもらえたら」と締めくくった。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/135909/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス