セレブ婚のはずが…待っていたのは「極貧生活」|幸せそうなフリはもうやめよう♡みんなの離婚理由を直撃ッ vol5.

ananweb

2018/1/31 19:45



結婚してしばらく経ってから「こんなハズじゃなかった……!」と、夫と過ごす毎日を嘆く女性たち。モヤモヤした日々を送った結果、“離婚”という選択をする人も珍しくない時代に。幸せそうなフリはやめ、離婚を決断した女性たちの理由は……? 今回は、“夫の異常な節約志向”が原因で離婚した女性に真相を直撃ッ!

文・並木まき

■ 「外で派手に振る舞うために、家では極貧生活を強いられて…」

「元夫は私より4歳年上で、けっこう派手なタイプ。付き合っているときはよく、流行りのお店や場所に連れて行ってくれました。でも結婚した途端に、節約を強要してくるようになって……。

例えば、日々の買い物。スーパーで食材ひとつ買うにしても、元夫にLINEで確認しOKをもらわないといけないんです。洗い物時は桶に貯めた水以外は使用禁止。エアコンを使うなんてもっての外……など、生活すべてに節約を強いられました。

それなのに、友達や後輩にはバンバン奢るし、私のSNS投稿は『優雅な暮らしをしているように見せろ』と、いちいちチェック。

外で派手に振る舞うために、家で妻に我慢を強いる、ただの見栄っ張り男だったんです。

1回目の結婚記念日に、外食をしたいと言ったら『お前のために金を使っても、何の意味もない』ってキレられました。これで私の中の何かがプツンと切れて、離婚を申し出て別れました」(加代・30歳/会社員)

■ セレブを演じる極貧夫…

みなさま、こんにちは! 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様を分析し続けている恋愛模様研究家・並木まきです。

加代さんの元夫のように、外に見せる顔と家での顔があまりに異なると、妻としては何とも言えない気持ちになりますよね。

見栄っ張りな男は、身の丈以上の生活をしたがるもの。そのしわ寄せは、必ず妻にくるわけです。

交際中に見抜いておきたいところだけれど、この手の男は、恋愛関係時には目一杯見栄を張ってくるからタチが悪い。

■ 他人に見えないところでもがく「白鳥男」はここで見抜く!

優雅に泳いでいるように見えて、実は水面下で必死にもがいている“白鳥のような男”は、重症であればあるほど、結婚前に見抜くことが難しいのです。

しかし見栄っ張り男の、ある持ち物をよーく観察すれば必ずボロが出てきます。

それは、“下着”や“靴下”、“肌着”などの外から見えにくいアイテムです。高級な生地で仕立てたスーツを着ていても、下着や靴下は量販店で売っている3セット1,000円のものという具合に、バランスが悪い男は要注意。

あとは、自宅にある家具や雑貨にも注目。外で会っているときには、「豪華な生活を送ってそう」と思っていたのに、自宅に行ったら「あれ? 意外と質素!?」と、彼の暮らしぶりに違和感を抱いたなら、少し危険。

インテリアに無頓着なセレブ男性もゼロではないけれど、違和感を抱くほどアンバランスな場合は、“ウラ”がある可能性が……。

(C) sakkmesterke / Shutterstock(C) Julenochek / Shutterstock(C) Hugo Felix / Shutterstock

あなたにおすすめ