最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

トム・クルーズ、新作撮影での怪我を回顧 自ら「骨が折れた。病院に連れて行って」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大ヒット映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ最新作の撮影中、派手なアクションシーンに挑み足首を骨折してしまった俳優トム・クルーズ(55)。その後トムは撮影を再開できるまでに回復して現場に復帰し、夏には全米での公開が決定済みだ。そんな彼がこのほど人気番組に出演し、足首を骨折した日のこと、そしてその日のスタッフの様子などを振り返った。

メガホンをとる監督が「スタントマンに任せたほうが…」と思わず口を出すも、「いや、大丈夫です」と断って多くのアクションシーンをこなしてきたトム・クルーズ。彼は昨年夏に『ミッション:インポッシブル』シリーズ最新作を撮影中に負傷し、まさかの「骨折事故」と大々的に報じられた。そのトムがこのほど人気番組『The Graham Norton Show』に共演者ヘンリー・カヴィルらと登場し、怪我をした日をこう振り返った。

「あれはヘンリーを追いかけているシーンで、僕は壁の側面にぶつかって上に這い上がる予定だった。なのに足が壁に当たっちゃってね。」

その瞬間に「あ、足首が折れた」と気付いたトムだが、繰り返し同じスタントをするのが嫌だったため「立ち上がってそのまま撮影を続けた」とのこと。しかしやはり痛みは酷かったらしく、最終的にスタッフにこう懇願したという。

「折れちゃったよ。とりあえず撮影はやめて、僕を病院に連れて行って!」

すると現場にいたスタッフ達は…?

「みんな? ああ、彼らなら携帯電話を出して、バケーションに行く準備に取り掛かっていたよ。」

思いもよらぬ撮影中断で、スタッフも内心「休みになった」とほくそ笑んだもよう。肝心のトムは完治を待たずして撮影現場に復帰したが、実は今も完全には怪我から回復していないそうだ。

「まだ折れた状態だけど元気さ。」

「つまり完治はしていないってこと。でも公開日も決定したから、撮影は続けないと。一日のうち8時間から9時間は撮影している。そして毎日リハビリしているよ。いくつか大きなスタントシーンが残っているんだ。」

今年56歳になるトムだが、まだまだやる気満々。スタントシーンについては“ほぼ100パーセント安全な状態”を嫌い、「それじゃ迫真に迫る演技にならない」とこだわりを捨てていないという。まさに命をかけて映画を撮影しているトムは「スタントマン? まだ使う気はないよ。いつかはそういう日も来るだろうけれど」との思いも告白済みだ。そんな“映画人”トムの思いがタップリ詰まった最新作の全米公開は、今年の夏。トレーラーの公開は、数日後に迫っている。

画像は『Mission: Impossible 2018年1月25日付Instagram「#Repost @tomcruise: We’ve upped the ante for the sixth #MissionImpossible.」、2018年1月26日付Instagram「#Repost @tomcruise:Get ready for the most thrilling mission yet...」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)


外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス