【クリッカー・オブ・ザ・イヤー2017】2017年の大賞を獲得したのは「日産・リーフ」

clicccar

2018/1/31 18:33


クリッカーで1年間の内に紹介した新型車の中で、イチバンいいと思ったクルマを選ぶ「clicccar of the year(クリッカー・オブ・ザ・イヤー)」。2017年のもっともいいクルマ、「トシクルマ」はいったいどんなクルマが選ばれたでしょうか?

選考方法は、昨年の新型車、フルモデルチェンジした車両をノミネート、その車両の中からクリッカーのレギュラーライター陣、そして読者の皆さんが投票し、その点数を集計して選ばれたのが「クリッカー・オブ・ザ・イヤー2017」となります。

そうして選ばれたのが、本年は「日産リーフ」でした。

車両の電動化は、昨年大きな話題となりましたが、7年前(クリッカーと同じくして)誕生したリーフは、世界初の本格量産販売電気自動車のフルモデルチェンジを行った、というわけです。新技術、新ジャンルものというのは、一台切りで終わってしまうものも多く、キープコンセプト、同様技術の延長線上にあるモデルチェンジをしたところに、大きな意義があったと思われます。

試乗した感想でも、車両としての進化は十分に感じることができ、プロパイロットもセレナデビュー依頼順調にアップデートされているといえます。

ただし、フルモデルチェンジとは言え、基本骨格などを踏襲し、パッケージングもほぼ同じ。本当にそのカタチがEVとして最良なのか? どのような検討したのか? ということも気になるところですが、少なくともあと数年は「これで良し」という判断を下したわけで、次期モデルの変化、そして数十年後EVがある程度当たり前の乗り物になってきた時の評価にも注目です。

リーフを含んだベスト10は以下の通りでした。

1位 日産 リーフ
2位 ホンダ N-BOX/N-BOXカスタム
3位 スズキ スイフトシリーズ
4位 マツダ CX-5
5位 レクサス LC
6位 シトロエン C3
7位 トヨタ カムリ
8位 レクサス LS
9位 トヨタ C-HR
10位 レンジローバー ヴェラール

(clicccar編集長 小林 和久)

あなたにおすすめ