【ドバイ紀行その10】砂漠の国あるある そこが知りたいドバイのウソ・ホント(その2)ガソリンスタンドも撮影NG 左利きの人はご用心

~ 実は誤解もいっぱいのドバイに関する思い込み ~

今回のドバイへの取材旅行で、この国に対するたくさんの誤った思い込みがあったことに気が付いた記者。やはり現地に足を運んでみないとわからないことだらけですね。自分の目で耳で確かめたことをお伝えしたいと思います。

■税金がない → 一部誤解です

UAE人なら公立教育機関の教育費は無料、医療費も無料だそうです。そして税金はもちろんゼロ…でした。ただし事情は徐々に変わってきているようです。ドバイでは今年1月から間接消費税ともいわれる「付加価値税(VAT)」の導入があり、タバコと栄養ドリンクに100%、ペリエを除く炭酸飲料水に50%の税金がかかるようになったもようです。

そしてドバイのホテルでは、2014年3月31日から1泊当たり7~20AED(日本円にして数百円)の「ツーリズム・ディルハム(宿泊手数料)」が課せられるようになっています。ただしショッピングに関しては「消費税が入るといくらに」「免税店で買った方が得か」などと計算する必要は一切ありません。また生活必需品の価格は最低限に抑えるという首長の方針により、水の500ml入りペットボトルは60円弱で買えます。高い税率によりアルコールは大変高額ですが、そのせいか“酔っ払い”に遭遇することは一度もありませんでした。あくまでもクリーンな街を目指すドバイから学ぶものは非常に多いと感じます。

■ドーハとドバイを混同してしまう → 理解できます

ともに中東金満国家の都市同士。「ド」で始まる3文字と語呂の感じも似ているせいでしょうか。開発という意味では、パーム・ジュメイラを強く意識したであろう人口島をせっせと作るなどドーハはドバイをたっぷりと意識しており、追い付け追い越せと必死なイメージもあります。しかし豊富な天然ガス資源を強みに国内総生産(GDP)においてここ20年ほど世界首位をキープしているカタールは、2022年のFIFAワールドカップ開催に向けて最新スタジアムほかの建設ラッシュに沸いています。実はこの中東の2大都市、直線距離にすると東京~京都ほどしか離れていません。形にたとえると、右を向いているアイリッシュ・セッター犬の頭部と胴体がUAEで、ドバイはうなじの部分。立っている尻尾がカタールで、ドーハは東岸中央にあります。両国とも南側は広大なサウジアラビアの砂漠地帯です。

■写真を撮ってはならない相手、場所がある → その通りです

政府関連機関、警察、軍の建物など写真撮影はご法度です。空港の出入国エリアも禁止です。またムスリムの女性も許可を得ずに撮影することは許されません。ちなみにガソリンスタンドもNG。政府が運営しているためです。

■女性が肩や脚など素肌を出すのはご法度 → 一部誤解です

モスクに入る時にはストールで髪を覆うなどの配慮が必要で、高級なレストランはドレスコード(多くが「スマートカジュアル」)に従います。でも街やビーチ、ショッピングモールではショートパンツにタンクトップほか、肩や脚を出した外国人女性観光客がたくさん歩いています。

ホテルのプール、ビーチで女性は皆さんビキニです。ご覧ください、この透明で美しい海を。脚だけ浸けてみましたが水が温かくて波が静か。とても気持ちが良いものでした。

つまりドバイに限っては、節度を守ればうるさくないと言えるのではないでしょうか。ただ冷房がとても効いているため薄着では体が冷え切ってしまうと思います。何しろ冷房は、ガンドゥーラ(男性)やアバヤ(女性)を着た自国民が暑くないようにという温度設定なのですから。

■左利きの人は特に注意すべきことがある → その通りです

イスラム教徒にとって、握手、何かを差し出す、受け取る、相手に触れる、食べ物や飲み物を取る、こんな時に左手(不浄とされる)を使うことは失礼にあたるとのこと。十分に気を付けていたつもりでしたが、記者も右手がふさがっている時などには不覚にも左手が前に出て「おっとイケナイ」を連発していました。

■砂漠にパラダイスを築く=ラスベガスの二番煎じ? → 誤解です

ドバイにはラスベガスが売りにしているギャンブルやアダルトなショーは一切なし。「目のやり場に困る」といった心配がないことも、ドバイが子供連れやハネムーナーに最適と感じる大きな理由です。またラスベガスが娯楽都市としての発展を目指したのに対し、ドバイは商業都市としての発展を目指した、これも大きな相違点です。ど派手な暴走車がヒップホップを爆音で鳴らしながら往来するラスベガス。泥酔者、拳銃を携帯している人、ドラッグの密売風景を見かけることもあります。でもそれらをドバイで見かけることは「ない」と断言できるそうです。また摩天楼のビル街はNYマンハッタンなどと比較されることもありますが、裏の路地にはホームレスや少年ギャングが…といった心配もドバイでは無用です。

■イスラム教の国だからアルコールは飲めない → 一部誤解です

大丈夫、飲みたい方はホテル(バー、レストラン、プール)かレストランでどうぞ。レストランは特に酒類提供のライセンスを持っている所に限りますので、事前に確認してからお店に出かけるのがベストだそうです。

モクテル(アルコールフリーのカクテル)も充実しており、これもそれなりの気分が出ます。またビーチにアルコールを持ち込むことは禁止です。これは米カリフォルニア州のビーチも同じことで、酔った者が泳いで事故が起きる日本は規制が緩すぎるのではないかと記者は感じます。

■料理用の酒、みりん、ワインもご法度 → その通りです

「ザ・メイダン・ホテル」でとても美味しい昼食をふるまって下さった日本食レストラン『SHIBA』のシェフ、御厨雅一(みくりやまさかず)さん。雑談のなかで「ムスリムのお客様のことを考慮し、調理に料理酒や本みりんを使用できないことだけが残念です」とおっしゃっていました。イタリアンやフレンチでもワインを用いた煮込みなどは難しいのでしょう。また豚骨・豚肉系のダシ、調味料もダメ。中華料理の小籠包もチキンを使用するようです。

■野菜ほか食材の種類が乏しい → まったくの誤解です

記者はジュメイラ・ビーチに近いアル・サファのスーパーマーケット「ユニオン・コープ」で買い物をしましたが、野菜や果物の種類や品数が非常に豊富で驚きました。

ドバイはこれまで農産物は輸入に頼ってばかりでしたが、実は少し前に誕生して話題になっているのが「グリーン・シティ」というビニールハウス型の小さな農園だそうです。寒さや風から野菜を守り、越冬するためにハウスが存在する日本とは異なり、野菜が育つためのパーフェクトな温度を保つためにハウスを造ったドバイ。環境保護に真剣な富裕層はオーガニック(有機栽培)にも高い関心を示しているそうですから、間もなく安全な野菜・果物を地産地消でという時代が来るかもしれません。

■ホテルもレストランも混雑し、待たされることが多い → 誤解です

記者もドバイに行く前はそういうイメージがありました。ところがアラブ人は待たされることを嫌い、「混雑するならカウンター、テーブルやイスを増やし、人手を増やせ」という発想になるそうです。おかげでホテルのフロントでもレストランでも待たされることがありません。せっかちな日本人観光客にとっては嬉しい話かもしれません。

■女性蔑視がある? → 誤解です

レディファーストです。メトロに乗ったらまずは女性の席を確保する。女性専用車もあるほどです。話は逸れますが、無人走行で知られるメトロでの飲食は厳禁。居眠りすれば罰金の対象だそうです。また車両にはGクラス(ゴールドクラス)があり、料金は一般車両の2倍となりますから乗る際は気を付けて下さいね!

■アラブ料理は口に合うか心配 → 大丈夫、美味しいです!

海外旅行で食事が口に合わないことくらい苦しいものはありません。バリ島旅行に出かけたはいいけれど、その甘さ・酸っぱさ・辛さのミックスをどうしても受け付けず…などという例です。ドバイで頂いた「アラブの伝統料理」というのは、インド料理のスパイスをマイルドにして味付けはしっかりと、という感じでした。揚げ物も色々とあり、コロッケ、唐揚げやパイが好きな日本人の味覚にマッチします。

またキヌアをはじめとした豊富な栄養を誇る雑穀、ハーブ、スパイス、ヨーグルト、レモン(ライム)、オリーブオイルなどヘルシーなものをふんだんに使ったお料理が多数あります。女性ならお肌がイキイキと蘇った、お通じが良くなったなどと実感できるのではないでしょうか。

健康志向の女性にばっちりのブリトー。ザクロと雑穀がいっぱいです。

一口サイズのヌガーやデーツ(なつめやしのドライフルーツ)。ドバイのスイーツはナッツがたっぷりです。

多国籍の人々が暮らすドバイですから、街を歩けばレストランはとてもインターナショナル。フュージョン料理も次々と生まれている様子で、予想以上に「美味しい!」を連発する旅となることでしょう。

いかがでしたでしょうか。【ドバイ紀行4】砂漠の国あるある そこが知りたいドバイのウソ・ホント(その1) テロは? 豚肉は?も是非どうぞ!

■猛スピードで進化を続けるドバイ。次の楽しみはコレだ!

ご存じでしたか? アブダビに「ルーブル美術館」の別館がオープンです! なんともビッグニュースですよね。また2年後の『ドバイ国際博覧会(Expo 2020 Dubai)』に向けて、新たなる“世界一ノッポな展望台”も誕生しますよ。トム・クルーズが『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のアクションシーンの舞台として選んだご存じバージ・カリファ。中国やサウジアラビアがこの記録を塗り替えるものを建てるとライバル意識を燃やした途端、ドバイはさらに高い展望台を持つ「ドバイ・クリーク・タワー」の建設計画を発表しました。場所は着工間もないドバイ・クリーク・ハーバーという港湾開発地域に決定したそうです。

気になるタワーの高さは「オープンの際に明らかにしますが、ひとつ言えることはバージ・カリファより一層高くなるということです」とのこと。またその周辺には続々と高いビルが建設されることから、やがてその一帯がドバイ一の繁華街となるのではないかと予想されるそうです。

「それはまた完成時のお楽しみということで」と言われるとどうにも悔しくなるもの。自分の目で必ず見てやる、またドバイにはきっと来る、そんな気持ちに駆られながら記者はエミレーツ航空成田行き318便にてドバイを後にしました。

取材協力:ドバイ政府観光・商務局

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス