最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

大流行の「眉スタンプ」、上手に使う5つのコツとおすすめ2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは。ひとりひとりの骨格と筋肉に合わせたパーソナルメイクを提案する『MAMEW骨筋メイク(R)公認アドバイザー』の此花さくやです。

眉ティントの後に流行りだした眉スタンプ。ポンとスタンプしてきれいな眉毛が作れたら、朝のメイクが楽になりますよね。でも、そんな風に簡単に自然な眉毛が完成するのでしょうか? 今回は眉スタンプを上手に使う5つのコツとおすすめ眉スタンプ3選をお届けします。

◆眉スタンプを上手に使う5つのコツ

1. 髪の色と同じ色の眉スタンプを選ぶ

少し前までは髪の毛よりも明るい眉毛が流行でしたが、今季は髪の毛と同じ色が基本。眉スタンプは輪郭がはっきりと取れるので、不自然に仕上がらないよう髪の毛の色にあわせましょう。

2. フェースパウダーを眉毛にのせておく

一度に広範囲で色をのせる眉スタンプは、落ちやすいときもあります。眉スタンプを使用する前に、パウダーファンデーションやルースパウダーを眉毛にのせると眉スタンプのモチがよくなりますよ。コツはファンデーションブラシやアイブロウブラシで、眉毛に逆らうようにパウダーをのせること。

3. 手の甲にスタンプしてパウダーの濃さを確認する

眉スタンプを眉毛に置く前に、手の甲にスタンプをしてみてスタンプの濃さを確認するのがおすすめ。いきなり眉毛にスタンプしてしまうと薄くつきすぎたり、濃くつきすぎたりしてしまうことも。眉毛には少々薄めにつけて、後で調整したほうが失敗しません。

4. 眉頭から眉尻まで少しずつスタンプする

眉スタンプを一気にポンとつけても、パウダーが均一につきづらいです。とはいえ、何回もスタンプすると眉毛の位置がずれてしまうので、眉頭から眉尻まで少しずつスタンプするようにしましょう。眉頭から眉山までは強めに、眉尻にかけて力を抜いて押すとキレイな仕上がりに。

5. 最後に形を整える

眉スタンプを押した後は、アイブロウペンシルやアイブロウパウダーで眉毛を描き加えるなど形を整えます。眉スタンプが薄い場合は眉スタンプについてくるアイブロウパウダーをブラシでのせましょう。眉スタンプが濃くつきすぎた場合は上からフェースパウダーをのせてブラシで眉毛をとかすと◎。仕上げに、眉スタンプの輪郭を麺棒や指などでなじませるのを忘れないでくださいね。

◆美容ライターおすすめ「眉スタンプ」2選

1. MAMEW「眉スタンプ」税込 3,240円

ストレート型とアーチ型の2つの眉スタンプがあり、それぞれブラウンとグレーの2色展開をしています。パウダーのつきがよいので、眉毛にのせる前に手の甲に2~3回ほどスタンプして、濃さを確認するのが重要。眉の幅も広めでパウダーがしっかりとつき、モチもよいです。

ミラーつきのコンパクトタイプでお化粧直しにも使えるのが嬉しいですね。

2. KISS NEWYORK「アイブロウスタンプ」オープン価格

ストレート型とアーチ型の2つの眉スタンプがあり、各タイプにライトブラウン、ナチュラルブラウン、ディープブラウン、ダークグレーの4色も展開。

MAMEW「眉スタンプ」よりも、パウダーのつきが薄く眉の幅も細めなので、ふんわりとした自然な眉に仕上がります。

アイブロウメイクの一般的な手順である、(1) アイブロウパウダーを眉全体にのせる→(2)アイブロウペンシルで形を整える→(3)眉マスカラの3つの順番のうち、(1)が眉スタンプで時短になります。ただ、やはりひと押しで眉毛が仕上がるわけではないので、時間的なメリットというよりは、眉毛のバランスや輪郭を整えることのほうにメリットがあるようです。

眉の位置や輪郭が左右違う人、眉の形をつくるのが苦手な人には、眉スタンプが適していると思います。眉スタンプに興味がある方は参考にしてくださいね。

<TEXT/此花さくや>


外部リンク(女子SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス