最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

テイラー・スウィフト、クインシー・ジョーンズにディスられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


伝説のプロデューサー、クインシー・ジョーンズがGQ誌との最新インタビューでテイラー・スウィフトの楽曲を遠回しに批判した。

インタビュアーのクリス・ヒースにテイラーのことを聞かれたジョーンズは、“難色と軽蔑の中間的な”表情を浮かべたそうで、「もっと楽曲(songs)が必要なんだ。楽曲だよ、フックじゃなくて」と答えた。ヒースが、「彼女が現代で最も偉大なソングライターだと考える人もいますが」と言うと、ジョーンズは笑いながら、「人それぞれだからね」と一蹴した。

フランク・シナトラ、マイケル・ジャクソン、アレサ・フランクリンなどの伝説的なアーティストと仕事をしてきたジョーンズに、“もしテイラーのレコードをプロデュースするとしたら”とヒースが食い下がったところ、「何とかするよ。肝心なのは楽曲なんだ、みんな気付いてないけれど。楽曲さえ良ければ、世界で一番下手な歌手をスターにすることだってできる。ダメな楽曲は世界で一番うまい歌手が3人かかっても救うことはできない。50年前に学んだことだ」と彼は語っている。

この発言の前にジョーンズは、しゃべり過ぎるせいで“よくトラブルになる”と認めており、娘につけられたという“LL QJ”、ルース・リップス(おしゃべり)・クインシー・ジョーンズというあだ名通りの饒舌ぶりをインタビューで見せていた。


外部リンク(Billboard JAPAN)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス