最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

両親離婚の岡田結実、父・圭右との現在は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【岡田結実・岡田圭右/モデルプレス=1月31日】タレントの岡田結実が31日、都内で行われたイベントに、エンターテインメント集団・男劇団 青山表参道Xの栗山航、宇野結也、定本楓馬、仲田博喜とともに出席した。

◆岡田結実、岡田圭右へのバレンタインチョコ「会えたらあげたいな」



岡田の父親であるお笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右と、母親でタレントの岡田祐佳は、昨年11月に協議離婚が成立。バレンタインチョコをあげたい人を尋ねられた岡田は「父と兄には毎年あげているので、手紙も添えてあげたいですね。父に会えるかわからないですけど…(笑)」といい、「会えたらあげたいなと思います。昨日もテレビ局が一緒だったんですけど、なかなかタイミングが合わなくて…」とコメント。

これを隣で聞いていた青山表参道Xの4人が、チョコをもらえることを期待していたことに気付いた岡田は「もう立派な大人なので、私じゃなくても(ほかの人に)もらえるんじゃないですか?」と4人の期待を交わし、会場の笑いを誘っていた。

◆岡田結実&男劇団 青山表参道X、抜てきに驚き



“PLAY宇宙!”をコンセプトに、普段遠いと感じている“宇宙(ソラ)”を、地球上の誰もが楽しめる大きな遊び場にすることを目的としたプロジェクト(みんソラ)のサイエンスコミュニケーターに就任した岡田。

抜てきについて「最初は『私ですか!?』ってビックリでした。小さいころから宇宙は遠くにあるなと思っていたんですけど、月とかがすごく好きだったので、まさか芸能界に入って宇宙に携われることができるんだと思うと嬉しくて。勉強もコツコツしているんですけど、もっと勉強して、宇宙と近くなれる人になれたらいいなと思います」と声を弾ませた。

ほかにも、『みんソラ』サポーターには『男劇団 青山表参道X』が就任し、栗山は「この宇宙事業というのが芸能界初ということを聞いて、僕たちが第一人者になれると思うと嬉しさでいっぱいです」とコメント。

続けて「宇宙って聞くとはるか彼方のことと思っちゃうんですけど、この『みんソラ』プロジェクトを聞いて、僕たちが手の届く時代になってきているんだなと思いました。精一杯盛り上げていきたいと思います」と意気込んだ。

◆岡田結実「宇宙に負けていられない」芸能活動に意欲



また、小さいころから宇宙に行くことが夢だという宇野は、「オーロラを見たいです。宇宙からオーロラを見ると、下に見えるんです。すごいことだなと思うので、ぜひ見たいですね」とにっこり。

岡田も「宇宙は遠いものだと思っていたんですけど、実は身近にあるということを周りの方から教えていただいて、2050年には宇宙に行くエレベーターができると聞いたので、まだまだ長生きしないといけないなと思いました」と話し、「宇宙の星の輝きに負けていられないなと思うので、サイエンスコミュニケーターとしてやっていくには、芸能界でバリバリやっていかないといけないので、宇宙に負けていられないなと思いました」と力を込めた。

◆岡田結実、2018年の抱負は「芸能界で輝き続けられる人」



2018年の抱負を尋ねられると、岡田は「今やりたいことってなんだって言われると、ざっくりとしかないんですけど、もっともっと先もずっと芸能界で輝き続けられる人でいたいなと思うので、息の長い人に。あと笑いの取れる女優さんになれたらなと思っています」と回答。

また、栗山は「伝えることは大事なので、宇宙関連で言うと、宇宙人にもつながるようなお芝居とか何かができればなと思います」と話し、さらに「僕UFOを見たことがあるんです。というか、カメラで撮ったんです」と告白。

すると岡田も「私もUFOを見たことがあるんです」と打ち明け、「家の前(の空)で、めっちゃ輝いているものがガーンと落ちていくものがあって…」と不思議体験を説明していた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス