最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「ミク☆さんぽ」で初音ミクと観覧車デート、札幌で実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDIが提供するARアプリ「ミク☆さんぽ」が、アプリリリース1周年を記念し、北海道・札幌市で開催される初音ミクイベント「SNOW MIKU 2018」とコラボレーションする。札幌の商業施設「ノベルサ」の屋上にある観覧車にて、「ミク☆さんぽ×ノルベサ」を実施。会場にて貸し出されるタブレットでミク☆さんぽを起動すると、画面内に初音ミクが現れ、バーチャル観覧車デートを楽しめるというものだ。

開催日時は2月9日から2月28日、平日は11時から23時まで、金・土・祝前日は11時から翌3時まで。観覧車の乗車代金(1人600円、3歳以下は無料)に加え、初音ミク限定ステッカーが付属する体験チケット代金400円(税込)がかかる。

このほか、ノルベサ1階の「MIRAI.ST cafe & kitchen」では、2017年夏に仙台で実施した、初音ミクとのカフェデート体験を800円(税込、ドリンク付き)で提供。カフェのテーブルに設置されたTango対応スマホで、ミク☆さんぽ~CAFE edition~」を起動すると、目の前に初音ミクが現れ、カフェでの食事やトークを楽しめる。参加者には、記念ポストカードをプレゼント。開催日時は、2月9日から2月12日の14時から17時45分まで。

SNOW MIKU 2018は、北海道の「雪ミク」が冬の北海道を応援するイベント。2月5日から2月12日にかけて、サッポロファクトリーや雪ミク スカイタウンなど、複数の会場にまたがって開催される。雪ミク スカイタウンでは、スマホでミク☆さんぽを起動し、展示されている絵にカメラをかざすことで、初音ミクとの散歩が楽しめる無料イベント「雪ミクスカイタウン × ミク☆さんぽ ~1st Anniversary~」を実施。開催日時は2月9日13時から19時、2月10日10時から19時。参加者には先着順で、限定ステッカーを配布する。

KDDIはこのほか、サッポロファクトリー会場などで、スマホをはめ込んでVR体験を楽しめる、箱型VRゴーグル「VR映像つきハコスコ(雪ミク2018Ver.)」の先行販売を実施。価格は2,000円(税込)。パッケージには、SNOW MIKU 2018の公式テーマソング「四角い地球を丸くする」を歌う、初音ミクのVR映像をダウンロードできるコードが付属する。サッポロファクトリー会場での販売期間は、2月10日と2月11日。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス