岩田剛典と斎藤工の顔が触れ合うほどにまで接近! 映画『去年の冬、きみと別れ』緊迫の場面写真を一挙公開

SPICE

2018/1/31 12:45


3月10日(土)公開の映画『去年の冬、きみと別れ』から場面写真が解禁された。

『去年の冬、きみと別れ』は、芥川賞作家・中村文則氏の同名小説を映画化した作品。新進気鋭のルポライター耶雲恭介が、盲目の女性が巻き込まれた焼死事件の真相に迫るにつれ、抜けることのできない深みにはまっていく姿を描く。主人公の耶雲恭介(やくもきょうすけ)を演じる岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers)は、本作で長編映画単独初主演を飾る。また、耶雲の婚約者・松田百合子を山本美月が、耶雲が事件の取材ルポタージュの提案をする週刊誌・編集者・小林良樹を北村一輝が演じる。さらに、耶雲の取材対象で、事件の被告・フォトグラファー木原坂雄大役で斎藤工が、木原坂雄大の姉・木原坂朱里役で浅見れいながキャスティングされている。メガホンをとるのは、『犯人に告ぐ』、『脳男』の瀧本智行監督。
(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

今回解禁されたのは、本作で主人公の耶雲恭介と木原坂雄大が対峙する緊迫した場面を切りとったカット6点。木原坂は盲目の女性モデルが目の前で焼死するというショッキングな事件で、監禁と殺人罪の容疑で一度は逮捕された人物。耶雲は取材を続けていくうちに、木原坂が限りなく“黒”に近いことに気づいていくが、その中で婚約者を巻き込んでしまう。場面写真では、婚約者・百合子と過ごすしあわせな姿から、事件に迫っていく緊迫した表情まで、劇中で耶雲が見せるさまざまな表情が明らかに。また、木原坂と直接対決し、鼻先が触れあうほどの距離でにらみあう緊迫したカットも公開されている。
(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

映画『去年の冬、きみと別れ』は3月10日(土) 全国ロードショー。
作品情報
映画『去年の冬、きみと別れ』
原作:中村文則『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫) 監督:瀧本智行  脚本:大石哲也 音楽:上野耕路 出演:岩田剛典 山本美月 斎藤工 ・ 浅見れいな 土村芳 / 北村一輝 主題歌:m-flo「never」(rhythm zone / LDH MUSIC)   配給:ワーナー・ブラザース映画    オフィシャルサイト:http://fuyu-kimi.jp (C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

あなたにおすすめ