『グリー』パック役マーク・サリングが自殺 マシュー・モリスンらキャストが追悼

クランクイン!

2018/1/31 12:45

 人気海外ドラマ『glee/グリー』にノア・“パック”・パッカーマン役で出演した俳優マーク・サリングが、現地時間30日朝、カリフォルニア州サンランドの自宅近くの公園で遺体で発見されたという。マークは首つり自殺だったとのことだ。享年35歳。E!NewsやTMZなどの海外メディアが伝えた。

【写真】「マーク・サリング」フォトギャラリー

マークの家族がマークと連絡が取れず、警察に捜索願を出していたという。児童ポルノ所持で有罪が確定していたマークは、最高20年の禁固刑を受ける可能性があったが司法取引で減刑となり、今年3月に刑期が確定するのを待っていたとのこと。死亡時は保釈中だったという。TMZによると、殺人課の刑事が捜査し、犯罪の可能性は除外されているそうだ。

マークは2017年8月、司法取引に応じる前に手首を切って自殺を図ろうとしたが、その時は我に返ったマークが同居人を呼び、救急隊がかけつけて事なきを得たという。

マークの悲報を受けて、ウィル・シュースター役の俳優マシュー・モリスンは、2013年に薬物の過剰摂取で死去したフィン・ハドソン役の俳優コーリー・モンテース、マークと3人で写っているスリーショットを自身のインスタグラムに投稿。キャプションはないが、2人の天使の絵文字に挟まれた悲しい顔の絵文字を添えて、今は亡き共演者を偲んだ。

ティナ・コーエン=チャン役の女優ジェナ・アシュコウィッツは、マシューの投稿のコメントセクションに赤いハートの絵文字を残したとのことだ。またスー・シルベスター役の女優ジェーン・リンチはTMZとのインタビューで、「悲しい。悲劇です」とコメント。「やりきれませんね」と哀悼の意を表したという。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス