信号無視にヤンキーのタバコ 学生時代にあったチクりチクられ体験談

しらべぇ

2018/1/31 12:00


(maroke/iStock/Thinkstock)

同級生がなにかいたずらをしたときに、「チクるなよ」と釘をさされた経験はないだろうか。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,328名に「学生時代について」の調査を実施。

「同級生の悪行をチクったことがある」と答えた人は、わずか15.8%。多くの人は、チクったりしないか「チクるな」の約束を守っているようだ。

■いじめを先生に伝える勇気


年代別では、若い世代で比較的多くなっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

しかしいじめられている子は、先生に言う勇気が出せない場合も多い。

「仲が良かった子たちに無視されるようになったので、先生に相談した。それほど大事になっていないから、軽い気持ちで言えたんだと思う。もっとひどい状態だったら、仕返しとか怖いし」(20代・女性)

先生に伝えたが解決しないケースも報道されるが、やはり大人に助けを求められる環境は重要である。

■自分が有利になるためにチクる人


チクるとの言葉は、悪い意味で使われることが多い。「裏切り者」とのレッテルを貼られるのだ。

「信号が変わりそうだったのでみんなで走って渡ったら、取り残されたヤツに『信号無視』とチクられ、先生に怒られた。今でもあれは、ただの嫌がらせだと思っている」(30代・男性)

またチクリは、社会人になってからも続く。

「ミスをしてしまい、上司に報告する前に同期に相談していた。休憩後、上司に報告したら、そいつからもう聞いたと言われ、唖然。その後もいろいろあり、人を蹴落とす性格だとわかった」(20代・男性)

他人を蹴落とし、自分に有利になるようにするチクリは、周囲から嫌がられる。

■チクったと勘違いされ迷惑


勝手にチクったと勘違いされた経験がある人も、多いのではないだろうか。

「中学の時、同じクラスのヤンキーに、タバコを吸っていることを私たちがチクったと勘違いされた。

遠くから嫌味を言うだけだったけど、『お前らがなにしようと、興味ないわ!』と心の中で思っていた。チクったところで、私になんのメリットもないし」(30代・女性)

いじめ被害や会社の内部告発など、必要な訴えもある。チクリは扱いや立場によって、正悪が変わるのだ。

・合わせて読みたい→あばれる君、教師の過酷な労働環境に「給与を倍に」と提案 ネットでは賛否

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名 (有効回答数)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス