最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

福山雅治 主演映画でハードなアクションに挑戦「もう逃げも隠れもしません」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本映画への愛に溢れるジョン・ウー監督が、日本でのオールロケを敢行し、高倉健主演でも映画化された原作「君よ憤怒(ふんぬ)の河を渉れ」の再映画化に挑んだ映画「マンハント」(ギャガ配給作品)が2月9日(金)より、TOHOシネマズ新宿他にて全国公開する。世界中のアクション映画ファンを熱狂させたジョン・ウー監督独自のアクション流儀はそのままに、W主演を務めるチャン・ハンユーと福山雅治の他、謎のヒロイン・真由美に大抜擢された中国の歌姫チー・ウェイ、女殺し屋レインには韓国でアクション女優としても人気のハ・ジウォン、「ハードボイルド/新・男たちの挽歌」以来25年ぶりのジョン・ウー作品出演となる國村隼に加え、竹中直人、倉田保昭、斎藤工、桜庭ななみ、池内博之、TAO、田中圭といったアジアが誇る実力派俳優たちがスクリーンの中で躍動する。無実の罪を着せられ逃亡する弁護士ドゥ・チウをチャン・ハンユー、彼を追う、真実こそが正義と信じる刑事・矢村聡を福山雅治が演じ、2人を中心に繰り広げられる激しいアクション活劇は、ベネチア国際映画祭やトロント国際映画祭など世界各国の映画祭をはじめ、2017年11月に公開された製作本国中国でも大きな話題をさらった。YAA_0008★
今日(1/30)のために中国より来日したたジョン・ウー監督は、大勢集まった観客を目の前に「こんばんは。今日はぜひこの映画を楽しんでください。」と嬉しそうに挨拶。その言葉に続き、福山は「一昨年に撮影していた映画をようやく皆さんに観てもらえる日が来て嬉しいです。今日はありがとうございます。」とコメントし、場内に集まった観客への感謝の気持ちを述べるところからスタートしたジャパンプレミア。
本作に出演する豪華キャストが集結する中、世界を代表するジョン・ウー監督からオファーをもらった時の心境を聞かれると「すごく嬉しかったです。光栄ですし、夢のような気持ちでした。」と喜んだ様子でコメントしたのも束の間「嬉しいのと同時に、アクション未経験といってもいい僕が監督の作品に出演してもいいのか、、という不安の方が大きかったですね。」と当時の心境を告白。そんな福山に対し、かなりハードでかっこいいアクションなんですよね?といった問いかけがあると、「ハードルあげますね。(笑)」と冗談まじりに答えつつ「もう逃げも隠れもしません!自分で言うのもなんですが、、、すごくハードなアクション挑戦しました。こんなチャンス二度とないと思って飛び込んだので楽しんでもらえたら嬉しいです。」と自身が演じたアクションシーンを存分にPR。
そんなアクションシーンの撮影について聞かれると「現場で監督はコンマ何秒しかないだろうと思われるシーンにもこだわりを持って撮影していました。次はこの角度で、次はこんな風にって撮影されているので、1コマ1コマを美しく撮ることにこだわるんですね。だからこそ、あんなに綺麗なアクションシーンができあがるのか、と驚きました。」とウー監督ならではの撮影秘話を明かした福山さん。さらに、ジョン・ウー監督といえば外せない!白い鳩に2丁拳銃という独自のスタイルを実際に体験した当時の様子を「実はあのシーン、撮影直後に演技をチェックするモニターを思わず写真で収めちゃいまして。(笑)」とまさかのエピソードを披露し、場内を沸かせた。
そんな福山に対し、ウー監督は「今回で二度目のタッグとなる福山さんですが、以前から注目していたアーティストなんです。義理人情にも厚く、正義感に溢れている男として私の中にある矢村のイメージにぴったりでした。矢村役を引き受けてくれて安心しました。」と絶賛。さらに、もともと日本映画が大好きで、敬愛する高倉健さんへのオマージュという想いも込めて本作を制作したという監督は、「日本での撮影は得られるものが多い貴重な経験になりました。私の長年の夢でもありましたし、スタッフの技術も高く、献身的で素晴らしいものでした。今回は大阪での撮影だったんですが、エキストラの皆さんやボランティアの方々も人情に厚く、感謝しています。」と長年の夢でもあった日本での撮影当時の想いを明かし、感謝の気持ちを吐露した。
また、本イベントには本作に出演する豪華キャス陣が一挙集結!かねてからウー監督と親交があるという國村と倉田の二人に話を聞くと、國村は「約25年ぶりにお会いしましたが昔と変わらず、パワフルで物静かな現場でした。まさにジョン・ウー・フィルムといったアクションが満載の作品になっています。」と本作をPR。倉田からは「ウー監督とは彼がまだ助監督だった時代からお仕事をご一緒していたんです。汚い食堂で一緒にご飯を食べたりもしました。」と当時の驚きのエピソードが飛び出し、会場に集まった観客は驚きを隠せない様子。
斎藤や池内ら、アジアでも活躍する二人は、映画界の巨匠ウー監督の撮影現場について「昔から監督の映画が大好きで、実は現場に監督の昔のDVDを持参したんです。サインまでいただいてしました。」と映画好きである斎藤ならではの思い出を話したのに対し、池内は「とにかく1シーン1シーン、後悔のないよう演じました。毎日撮影終わりに握手をしてくれて。それがあるから、明日も頑張ろう!という気持ちになるんです。」とウー監督の人柄を感じさせるエピソードが。
さらに、ウー監督作品といえば、男の絆や友情、さらにはアクションが特徴ですが、本作では初の女性アクションに挑んだんだとか。しかも、女殺し屋を演じたのはアジアで活躍する女優であり監督の愛娘でもあるアジェルス!監督初の女殺し屋を演じてみていかがでしたか?と聞かれると「私自身、アクションシーンはすごく頑張りました。日本での撮影も最高の経験になりましたし、ぜひ楽しんでほしいです。」とコメント。同じく、海外で活躍しハリウッド映画にも多数出演しているTAOさんは「臨場感と緊張感のある現場なんですが、監督がとてもジェントルマンなんです。静かだけど熱い、そんな想いを感じられる素敵な時間を過ごせました。」と撮影現場の様子を明かした。中国語が堪能で「ウー監督の作品に出演できて幸せでした。」と語る桜庭は、福山とのシーンについても聞かれると「たくさん失敗してしまったのに、わざわざ控え室まで来てフォローしてくださったんです。失敗してもいいから思いっきりやったほうがいいって。」という話がでると、すかさず「そのほうが僕も失敗できるから。(笑)」と茶目っ気たっぷりに答える福山のコメントに、会場は笑いに包まれた。
最後に、福山へこれから映画をご覧になる皆様へのメッセージを聞かれると「アクションシーンは危険なこともあるけど、監督の静かな熱意に包まれて安心してお芝居できましたし、どんなにハードルをあげても絶対に驚いてもらえるほどのアクションシーンになったと思います。分かり合えなかった二人が問題をクリアしていくことで少しづつ歩み寄り、最後は強い絆で結ばれる。普段、僕らが大切にしないといけないテーマもしっかりと描かれている作品なので、ぜひ、楽しんでください。」と本作をアピールし、大盛況のうちにジャパンプレミアは幕を閉じた。
(C) 2017 MedIA AsIA Film Production Limited All Rights Reserved.

外部リンク(dwango.jp news)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス