上手なアプローチ法!女性からさりげなく「デートに誘うコツ」

愛カツ

2018/1/31 12:00


気になる男性がいた場合、女性の方からデートに誘いたいと思うことだってあるでしょう。

上手にアプローチをすることができれば、男性も変な気負いをすることなく、誘いにも応じてくれるはずです。

そこで今回は、女性からさりげなく「デートに誘うコツ」を紹介します。

連絡先を交換しただけで彼女候補に

■ ■「デート」だとは思わせない

そんなに親密な感じになっているわけでもないのに、いきなりデートに誘い出すのは、かなりの勇気が必要ですよね。男性側としても、完全にデートとして誘われると、気軽には誘いに乗りにくいので、ちょっとためらってしまったりもするでしょう。

ちゃんと約束をしてどこかに出かけたりしなくても、ふたりで会っていれば、それはもうデートみたいなもの。なので、仕事帰りにちょっと飲みに行ったり、ランチに誘ってみたりして、ふたりきりで会う機会を増やせば、自然と親密な関係性にもなっていきやすいでしょう。

■ ■うまく「口実」を使う

デートをする「口実」があれば、あなたも一気に誘いやすくなりますし、男性もそれに応じやすくなります。気になる男性との距離が一向に縮まらないようなときは、うまく口実を使ってふたりの時間を作ってみるも効果的でしょう。

「昨日のお礼にご馳走させてください」とか「ちょっと相談に乗ってほしいことがあるんですけど」といった口実が一番無難かも。自分のことを尊敬してくれていたり頼りにしてくれているような感じが受け取れるので、男性も気分良くあなたとの時間を過ごしてくれるはずですよ。

■ ■「タイミング」を間違えない

男性をデートに誘うときに最も重要なのは、「声をかけるタイミング」です。タイミングを誤ってしまうと、うまくいくものもいかなくなるし、「空気が読めない子だな」とあまり良くない印象を持たれてしまう可能性もあるかも。

大きな仕事を任されて大忙しなときや大事な勉強をしているときに誘っても、OKなどもらえるわけがありません。男性の状況をよく見ることが大切ですし、ちゃんとそういった配慮を見せてくれる女性の誘いには、応じたいという気持ちも強くなるはずですよ。

■ ■上手に「誘わせる」

男性がデートに誘いやすくなるような状況を作るというのも、気になる男性とデートをするためのひとつの方法ではあります。男性は誘って断られることへの恐怖感があるので、「断らない雰囲気」を出すことがとても大事になってくるでしょう。

そのための重要なポイントとしては、まずは彼氏やいい感じになっている男性がいないことをちゃんと示すこと。そして、男性への好意もさりげなく見せて、休みの日は暇にしているというアピールもできると、なおいいです。断られるかもしれないという不安が少なく、相手の好意も感じていたら、男性もその気になりやすいはずですよ。

■ おわりに

もしも気になる男性がいるのであれば、積極的にアプローチをすることも大事かもしれません。待っているだけでは、他の女性に取られてしまう可能性だって出てきてしまいますよ。 (山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス