福山雅治「飛び込むしかないと思った」  ジョン・ウー監督からのオファーに感激

テレビファン

2018/1/31 11:32


 映画『マンハント』のジャパンプレミアが30日、東京都内で行われ、出演者の福山雅治、國村隼、倉田保昭、斎藤工、アンジェルス・ウー、桜庭ななみ、池内博之、TAO、ジョン・ウー監督が登壇した。

本作は、西村寿行氏の小説を高倉健主演で映画化した『君よ憤怒の河を渉れ』(76年)を、再映画化したサスペンス・アクション。無実の罪を着せられた弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)と敏腕刑事の矢村(福山)の2人が、事件の真相を追い求める姿を、オール日本ロケで描いた。

ハンユーとW主演を務めた福山は、ウー監督からのオファーについて、「光栄で、まさに夢のような話だと思ったが、僕はアクションもほぼ未経験。そんな人間がジョン・ウーさんの作品に出ていいのかと、不安な気持ちの方が大きかった」と当時の思いを振り返った。司会者から「ものすごいアクションだった」と称賛されると、「めちゃくちゃハードです。最初は僕も本当に心配だったのですが、こういった機会はもう一生ない、飛び込むしかないと思って飛び込みました」と語った。

ウー監督は福山について「前から非常に注目していたアーティスト。とても人情があり、正義感に満ちている方。私の考える矢村像にぴったりだった」とにっこり。福山も「監督は本当に穏やか。もともと監督のファンでしたが、実際に現場に入ると、監督の求める絵作りやお芝居のためなら、自分のできる全力以上でやろうと思いました」と、その人柄にほれ込んだ様子だった。

また、福山の相棒を演じた桜庭は、「私が何度も失敗してしまったのですが、福山さんの『思い切りやってくれたら大丈夫だから』という言葉に救われました」とエピソードを披露。福山は「ななみちゃんが失敗してくれたら俺も失敗しやすくなるなと思って」と応じていた。

映画は2月9日から全国ロードショー。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス