【検証】Instagram「自撮り女子」のポーズを冷静に考察してオッサンが再現した結果! 誰でもいい感じになるポーズはコレだッ!!



日本でもっとも普及したSNSといえば、Twitterである。日本におけるネットの話題は、Twitterのトレンドを見ればすぐにわかるだろう。しかし、最近はInstagramを利用する人も増えており、むしろTwitterよりInstagramを積極的に使っている人も増えているようだ。

そんなInstagramでは、活発な自撮り女子をよく見かける。「コレって自撮りでしょ?」と思うポーズも少なくない。そこで! そんな自撮り女子の撮影背景を想像しつつ、オッサンも自撮り女子のような撮影に挑戦してみた。その結果、簡単に雰囲気の出るポーズがわかったぞ!

・自信があるから撮れるのか?
自撮り女子の投稿内容をたしかめてみると、正直な意見として、「よくこんなの撮れるな~」と思ってしまう。オッサンの私(佐藤・44歳)から言わせれば、「恥ずかしくないのか?」と思うものも少なくない。

それだけ自分に自信があるから、恥ずかし気もなく自己陶酔したような画像を日課のように上げることができるのだろう。

・やってみないとわからない
いや待て! そんな風にわかったようなことを言っていいのか? 佐藤よ。自分が歳を取って理解できないものを、無意味に批判しているだけではないのか? やってみないと、自撮りの魅力はわからないのではないか?

ということで、いかにも自撮り女子がやりそうなことを、見よう見まねで挑戦してみた!

・額にモノを当てて目をつむる
まず最初に挑んだのが、目をつむるポーズだ。そして化粧品でもジュースでも何でもいいから額に当てる。コレが何を意味しているのかわからないけど、何か意味ありげな気がするのでやってみた。

何だコレ? よくわからんけど、コレでいいのか?

意味はわからんけど、スマホのインカメラでパシャリ! すると……

おお! なんか形になっとる! 何でや!? オッサンがアイコスを額につけて目をつむってるだけなのに!

「たばこ大好き! 煙のない人生なんて考えられないヨ (´;ω;`)」

投稿するとしたら、こんな感じか?

・モノで片目を隠す
コレまたよく見るポーズのひとつ。化粧品でもお菓子でも何でもいいので、片目を隠すように顔の前にモノをかざして自撮りする。なぜ目を隠すのか? やっぱり意味がわからん。

これでいいのか? まあよく分からんけど、スマホでパシャリ! すると……

ええやん! なんかええやん!! 何がええやんなのかわからんけど、なんかええやん!

「ジムのあとはやっぱりコレ! ザバスでタンパク質をとらないとねッ」

って感じの投稿か? この際、コメントはどうでもいい。写真で何とかなる。

・虫歯ポーズ
定番もおさえておこう。今の若者のトレンドがよくわからないけど、定番の「虫歯ポーズ」。小顔効果も期待できるらしい。……オッサンだから小顔もへったくれもないのだが。

まあでも、見るからに愛らしさを感じさせる。スマホでパシャリ!

う~ん、まあそんなに面白みもないかな。誰がやってもそこそこ感じは出るので、オッサンたちにはオススメだ。

・首痛いポーズ
こちらも定番の「首痛いポーズ」。美形にしか許されないと言われているのだが、オッサンは遠慮なく試すぞ!

やるのは簡単、首に手を当てるだけ。はたして、写り具合はどうか?

久々に肩こりの具合が良くて、機嫌のよいオッサンといった感じか?

「今日は肩こり辛くない! 肩もよく回るんだゾ♪」

年寄りのコメントしか浮かばない……。

・ふて顔
コレも見るなあ~。何かを訴えんとするような「ふて顔」。かまって欲しい系女子にありがちな、かまって欲しいアピール。見ただけで「ああ~……」ってなるものをあえて、オッサンがやる!

こんな感じかな?

角度的にはこれでいいのだろうか? わからんが撮ってみよう。

額がしわくちゃやないか。昼飯にいなりずしを食いすぎたみたいになっとる。これは可愛くないな。私の目指す可愛さとはどこか違う。

・寝るポーズ その1
自撮り女子は風呂とトイレ以外なら、どこでも自撮りをする。当然寝室でもだ。ベッドに横たわって、上から自撮り。

「今から寝ますよ~」アピールなのだろうか。「おやすみ」って言われたいんだろうけど。さっさと寝ろ!

「今日は疲れた~。ねむねむ……」

スマホを置いてさっさと寝ろ!

・寝るポーズ その2
寝るポーズにはもう1つある。先のものが仰向けだったのに対して、こちらはうつ伏せ。これも実によく見る。

これはいい感じに撮れるはず!

ほら可愛い! ちょっと愛嬌のある顔をした方が、より映えるかも。少しアゴをしゃくれさせるのがポイント。

「おやすみ~ん!」

だから、スマホを置いてさっさと寝ろ!!

・サングラスやメガネの有効活用
ファッションアイテムのひとつにアイウェアがある。サングラスやメガネを有効的に活用するのも、自撮り女子のテクニックだ。

私の場合はメガネを少しずらして、メガネ越しに自分を撮影。

こりゃ完全に老眼だな。メガネをかけてると、近場がよく見えない状況でしかない。メガネをツールとして使うのは、ちょっとレベルが高すぎた。

・壁にもたれる
壁にもたれると、何だかナゾのメッセージが込められているみたいで不思議だ。見ようによっては存在感が増して、被写体を浮き彫りにしてくれる。

ミュージックビデオとかでもよく出てくるから、Instagramと壁の相性はきっと良いのだろう。

もっと雰囲気が出ると思ったら、ラーメン屋の行列に並ぶオッサンになってしまった……。壁もまた、オッサンには扱い辛いツールだった。壁にもたれることによって、存在感が増すどころかオッサン感が増す結果となったのである。

・誰でもいい感じになるポーズはコレ!
以上9パターンを試してみたが、比較的簡単で可愛らしくなったのは、最初の2つ。「額にモノを当てて目をつむる」「モノで片目を隠す」だった。ポーズ自体にそれほど意味はなさそうだが、何だか雰囲気が出るので、オッサンたちもそれ以外の人たちも実践してみよう!

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

画像をもっと見る
Related Stories

あなたにおすすめ