中居正広の「舞祭組の集客力」言及に賛否両論

まいじつ

2018/1/31 11:00


画/彩賀ゆう (C)まいじつ

1月30日に放送された『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で、番組MC中居正広が同じジャニーズ事務所所属の後輩グループ『舞祭組(ぶさいく)』について言及した。舞祭組のファンからは「中居の口からグループ名を聞けてうれしい」との声が聞かれた一方で、「舞祭組を批判しなくても」と中居について批判する意見もあり、インターネット上では賛否両論が起こっていた。

中居は番組冒頭に笑福亭鶴瓶と話しているとき「(鶴瓶の)寄席はいつも満席か」と質問。鶴瓶は「まあ、ありがたいことに(まあまあ入る)」と答えたが、中居は「(いつも)ピッシリ入るんですか?」としつこく鶴瓶に聞いた。

このとき引き合いに出したのは、『Kis-My-Ft2』から派生したグループ『舞祭組』だった。中居曰く、舞祭組がアルバムの発売イベントをおこなったところ1000名収容の会場に260名しか入らなかったという。一方で、キスマイがコンサートを開くと観客が5万人は集まって満席になるといい、「この差って何(だろうね)」と舞祭組の集客力に疑問を呈した。

「舞祭組が人気ないと誤解される」


舞祭組というグループ名は中居が命名したものだ。それだけに、ツイッターでは舞祭組ファンから大きな反響が寄せられた。

《何気に舞祭組の宣伝してるね。さすが中居くんだ》
《中居くんが舞祭組の話をしてくれるだけでうれしい》
《舞祭組の名前を出す中居の表情がうれしそうでほっこりする》

このように、中居が舞祭組について言及したことそのものを喜ぶ投稿が多かった。

しかしその一方で、《『1000人のキャパに260人しか来なかった』ってライブのことじゃないから!深夜に急遽発表になったハイタッチ会のことだから!ライブは倍率が高すぎて追加公演も決まったんだから!》と指摘があった。さらに《あの言い方だと、舞祭組が人気ないと誤解されるしマイナスな印象になるのでは》と中居の発言を疑問視する投稿もあった。

いずれにせよ、中居は舞祭組のことを気に掛けており、愛着を持っていることは間違いないだろう。

あなたにおすすめ