大雪で立ち往生したダレノガレ明美 その時、声をかけてくれたのは?

grape

2018/1/31 09:22

2018年1月22日に、各地を襲った大雪。その積雪量は東京都心部でも20cmを超え、立ち往生してしまう車が続出しました。

2018年1月22日午後、東京都港区でスリップする車を押す人たち

この日、モデルであるダレノガレ明美さんが乗った車も、前方を走っていた車に続き、タイヤが雪に埋もれて動けなくなってしまったといいます。

すると、驚く展開が待っていました!

通りがかりの宅配業者や、大学生、タクシー運転手、外国人など、多くの人が助けてくれた!

助けてくれた人たちは、足元や身体などを雪で濡らしながら、30分以上も奮闘して救出してくれたといいます。

※写真はイメージ

ダレノガレさんはその優しさに感謝し、「本当に本当にありがとう。感謝の気持ちでいっぱいです」と語りました。

投稿には、この出来事に心打たれた人からのコメントが寄せられています。

・日本も捨てたもんじゃない。

・こういう時は助け合いの心を持つことが大切ですね。

・とても素敵な話。

一方で、コメントの中には「スタッドレスタイヤやチェーンをはかないからでは…」との指摘もありました。

しかし、ダレノガレさんは「自分を含め、マネージャーや周りの人の車はスタッドレスタイヤをはいていた。憶測で語るのはやめてほしい」とコメントしています。

困っている時は助け合うことが大切、と分かっていても、すぐに行動に移すのは簡単なことではありません。

ダレノガレさんや雪で立ち往生してしまった人を助けてくれた優しい人たちに、拍手をおくります!


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ