『Dr.HOUSE』のあの人、新作ドラマでソシオパス(社会病質者)に!?

海外ドラマNAVI

2018/1/31 08:00

人気医療ドラマ『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』で、主人公ハウスの上司リサ・カディを演じたリサ・エデルスタインが、Netflixの新作コメディシリーズ『The Kominsky Method(原題)』に出演することが分かった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】『Dr.HOUSE』リサ・エデルスタイン、『SATC』のあの役に落ちていた!

本作はM.E.トーマス著の「ソシオパスの告白」を基にしたドラメディで、主演はマイケル・ダグラス(『アントマン』)。数年前にハリウッドで成功し、現在は演技コーチをするサンディ・コミンスキーという役を演じる。また、彼の友人ノーマン役でアラン・アーキン(『ジーサンズ はじめての強盗』)も出演する。

リサは臨床的にソシオパス(社会病質者)と診断された、ノーマンの娘フィービーを演じる。彼女は自分自身について新しい理解を持ち、どのように生きていくかを考えていくことになるようだ。彼女は頑固で衝動的で、しばしば自虐的な決断を下し、愛する人を遠ざけてしまう。彼女の薬物中毒は彼女自身だけでなく、彼女の両親にとっての戦いでもあるようだ。

『Dr.HOUSE』で7シーズンにわたり主要キャラクターのリサ・カディを演じたリサは、その後『グッド・ワイフ』や『スキャンダル 託された秘密』、『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』、『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』など、大人気シリーズに次々とゲスト出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』
(C) 2005 NBC, Inc. All rights reserved.

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス